作業環境を整えるためにお金を使うのは良いこと

ライターの仕事をしている中で、仕事道具の購入にお金を使うのをためらったことはないでしょうか?

例えば、

「ノートパソコンだと画面が小さくて作業がしにくい。でもデスクトップ用のモニターは安くても1万円以上する。今月は出費が多かったからなぁ・・・」

という感じです。

たしかにノートパソコンでも作業がしにくいというだけで、全くできないわけではありません。

壊れたり作業に大きな支障が出ていないと、たとえ付属品でも購入をためらう気持ちはわかります。

ではここで、デスクトップ用のモニターを購入した場合のメリットをまとめてみます。

◽️デスクトップ用のモニターをすぐに購入した場合

  • ノートパソコンで作業していた時よりも作業効率がアップする
  • お金を使ったことで「その分稼がないと!」とモチベーションがアップする
  • 文字が見やすくなるので目が疲れにくくなる

デスクトップ用のモニターはノートパソコンより画面が大きいので、文字が見やすく、一度にたくさんのアプリを開くことができます。

その結果、作業効率がアップし、見やすくなったことで目への負担も軽減できるのです。

また、デスクトップ用のモニターを購入し、お金を使ったことが稼ぐモチベーションに繋がる場合もあります。

では次に、デスクトップ用のモニターの購入を見送った場合にどのようなことが起きるのか見てみましょう。

◽️デスクトップ用のモニターを買うのを見送った場合

  • 効率が悪いまま作業を続けることになる
  • 一度先延ばしにしたため、来月以降も見送る可能性がある
  • 最悪「まあこのままでいいか」とデスクトップを買うのを諦める

さて、以上の2つのパターンを比べてみて、どちらが自分にとってプラスの選択だと思うでしょうか?

言うまでもなく、「デスクトップを購入した場合」のはずです。

作業環境を整えるためにお金を使うのは、結果的にメリットが多くなるので悪いことではありません。

もし「どうしよう」と購入を迷ったら、まず購入した場合のメリットと、見送った場合のデメリットを考えてみてください。

おそらくほとんどの場合、見送るより買う方を選択した方が今後に役立つはずです。

もちろん数十万円以上もする高いものを購入するときには、少し時間をかけて購入を検討する必要があります。

収入に見合ったものを買うのが重要なポイントですから、仕事に必要だからという名目で、必要以上のお金をかけるとかえってデメリットが多くなることもあるので注意が必要です。

たとえば、月収からすると5万円くらいのものしか購入できないのに、クレジットカードを使って無理に20万円のデスクトップを分割支払いで買うのは、おすすめできないということを覚えておきましょう。

作業環境を整えるための出費は「必要経費」ですから、「お金を使ってしまった・・・」と落ち込む必要はありません。

そのぶん頑張って稼げばいいのですから、必要なものは必要なときに購入しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です