フリーランスのWebライターにとって大型連休は稼ぎどき?早めの準備が鍵

GWや年末年始など年に何度かある大型連休ですが、フリーランスのWebライターにとっては「稼ぎ時」でもあります。

なぜなら、大型連休の前になると、休み中に記事を書いて欲しいと考えるクライアントが増えるので、仕事の募集件数がいつもより増えるからです。

中には連休前日の納期で仕事を依頼する人もいますが、相手が企業であれば、連休明けに記事が出来上がっていれば問題ないことが多いので、連休最終日で納期交渉をすると意外とすんなりOKをもらえたりします。

仕事は増える傾向にあるのに対し、連休中は旅行へ行ったり休養を取るライターさんも多いので、仕事ができるライターの人数は減るのです。

そのため、連休中に仕事ができるライターにとっては稼ぎ時となります。特に連休にこだわりがなければ、世間一般的な連休中に仕事して、後日に調整をして休みを取れば良いですからね。

GWが7日間あったとして、7日間仕事をして、3日間休みを後日取れば4日ぶん稼げる日を増やすことも可能です。

では大型連休中にたくさん仕事をするには、いつから動き始めればよいのでしょうか?

会社が休みの間は連絡が取れなくなる場合がほとんどなので、連休に入ってから仕事を探していては手遅れです。

ということは、連休の前からクライアントとやり取りをして、連休前日には執筆がスタートできる状態にしておく必要があります。

そう考えると、

  • 1ヶ月前から案件を探し始める
  • 2週間前から連休中の案件を獲得し始める
  • 1週間前から仮入金を済ませ始める

というスケジュールで動くのが良いと言えます。

これだけ余裕を持って動いていれば、クライアントが連休に入る前に執筆に関わる疑問点も解消できるはずです。

連休中は連絡しても返信が来ないことがほとんどなので、もし疑問点があって書けないと非常に困ります。

疑問を抱えたまま執筆を進めると大量に修正が入る可能性がありますし、返事を待っていると納期に間に合わない恐れもあるので注意が必要です。

もし連休に入る直前に仕事の依頼がきたら、すぐに執筆内容を確認し、疑問点がないかをチェックしておきましょう。質問したいことがあればできるだけ早く質問してください。

いざ連休に入り、思ったより時間に余裕ができても、会社がお休みなので仕事がなかなかもらえない可能性があります。

どうしても仕事がなければ思い切って休みをとるのも一つの方法です。しかし、少しでも多く売上を獲得したいのなら、連休中が稼ぎ時で早めに動くことが鍵ということは忘れないでおきましょう。