ライターのスキルは一生モノ!おじいちゃんおばあちゃんになっても稼げる

ウェブライターになるメリットのうちの一つ、今回は「ライターのスキルは一度身につけてしまえば一生モノ」という内容についてお話しします。

もしあなたが、老後の生活を快適に過ごすために定年後も働かなければいけなくなったとしたら、今の仕事をそのまま継続したり、今のスキルを生かして別の仕事に就くことはできるでしょうか。

一部の方は今の仕事のままでも問題ないでしょうが、中には「50歳、60歳になっても続けるのは難しいかも」という方もいるはずです。

たとえば、肉体労働系の仕事や、立ちっぱなしの仕事などは、年齢を重ねるごとに身体に負担がかかるので、50歳を過ぎると若い頃と同じようには働けなくなるでしょう。

では定年退職をして、別の仕事で再就職するとします。そこで前の仕事のスキルが生かせないとなると、

  • コンビニやスーパーのレジ係
  • お店やパチンコ店などの清掃員
  • ポスティング
  • 新聞配達

など、経験がなくてもやれる仕事しかすぐに始めることができません。

もちろんこれらの仕事でも丸1日働けば生活するだけのお金を稼げますが、

  • 立ちっぱなしや座りっぱなしで身体が痛い
  • 職によっては働く時間帯が深夜でつらい
  • 新聞配達用の自転車に乗るのがしんどい
  • 夏は暑いし冬は寒いしで体調が安定しない

などの問題が起きる可能性があります。

高齢になってまで、身体にムチを打ちながら働くのは誰だって辛いものです。できれば働きたくないですし、働くとしても楽にできる仕事を選びたいと思うでしょう。

そんなとき、ライターのスキルを身につけておけば、自宅でのんびりと仕事ができるのです。

重たい荷物を持つ必要はありませんし、立ちっぱなしでもありません。夏はクーラー、冬は暖房の効いた快適な部屋で仕事ができます。

「今日はもう疲れた」と思ったら、納期に余裕さえあれば、残りの仕事を明日に回して早く就寝することだって可能です。

このように、ライターのスキルを身につけておけば、肉体的に辛さを感じる年齢になっても、生活のために無理をして働く必要がありません。

また、フリーランスのライターの仕事に定年はないので何歳になっても働けます。「まだまだ書ける」というなら、70歳以上になってもお金を稼げるのです。

そう考えると、ライターのスキルは一生モノと言えます。一度身につけてしまえば、少し大袈裟かも知れませんが、身体や脳が動かなくならない限りは死ぬまで稼げるスキルなのです。

夜遅くに高齢の方が働いている姿を見ると、「体、しんどいだろうなぁ」と心配になります。

ウェブライターという在宅で稼げる仕事があるのに、おそらくその方法を知らないから、辛くても外で働いているのでしょう。

「若い時にライティングのスキルを身につけられる環境があったらよかったのに・・・」とやりきれない気持ちになります。

もし今あなたが将来、お金の面で不安があり、定年後の具体的な働き方がイメージできないのなら、「とりあえず」という気持ちでもよいので、ウェブライターのスキルを身につけておくのも一つの方法です。

今は本業や副業でウェブライターになるという気がそこまで強くなくても、外で働くのが辛くなったときに「ライターのスキルがあって良かった!」と思えるはずですから。