フリーランスのウェブライターになると頑張った分だけお金が稼げる

フリーランスのウェブライターになると、自分が頑張って仕事をした分だけお金が稼げます。

今月は先月より5万円多く稼ぎたいと思ったら、作業時間を増やし、先月より5万円分多く仕事を取れば良いだけです。

サラリーマンだと、お金が欲しいからといって勤務時間を延ばしたり、勤務日数を増やしたりすることはできません。

もちろん、生きていくうえでお金が全てではないでしょう。しかし、お金がないと叶えられない夢がたくさんあるのも事実です。

たとえば、月収20万円のサラリーマンの場合、家賃が高いタワーマンションに住むことは難しいと言えます。

しかし、フリーランスのウェブライターなら、すぐには難しいですが、経験と知識、スキルを積み上げていけば、高家賃の家に住むことは夢ではないのです。

自分で稼ぎを増やせるということは、夢を実現させる可能性を持っているとも言えます。

ただし、稼ぎを自分で決められるということにはデメリットもあることは忘れてはいけません。

フリーランスのウェブライターは、1日何も仕事をしなければその日の収入は0円です。

仕事をしない日が多ければ、月収30万円から月収20万円へ簡単に転落します。

多くの報酬が得られる可能性がある分、自分のやり方次第ではサラリーマン以下の月収となる危険性もある、つまり、収入が不安定というのが、フリーランスのウェブライターのデメリットなのです。

とは言え、質の高い記事が書けるスキルと、自己管理ができるスキルがあれば、安定した収入を得ることはできますから、絶対に避けられないデメリットというわけではありません。

さて、ここであなたに質問です。

  1. 収入は安定しているけれど月収50万円は難しい
  2. 収入が不安定だけど月収50万円も夢ではない

この2つのうち、あなたはどちらの方がワクワクするでしょうか?

もし「2」と答えたなら、あなたは今の職業より、フリーランスのウェブライターのほうが適しているかもしれません。

「1」はサラリーマンの特徴ですが、「2」はフリーランスのウェブライターが一番叶えられる可能性が高い職業です。

フリーランスのウェブライターは正しく学べば、特別なスキルや資格は必要ないので、初心者でもなりやすい職業と言えます。

一度きりの人生ですから、夢や希望を抱きながら、ワクワクしながら働いたほうが楽しいと思いませんでしょうか?

そう感じるなら、フリーランスのウェブライターという道を視野に入れてみてはいかがでしょう。