イオンカードポイントを最大限に獲得しよう【1%以上還元可能です】

「イオンクレジットカード」は、イオン銀行が発行する「入会金・年会費無料」のクレジットカードです。

イオンクレジットカードの還元率は「0.5%」なので、他のカードと比べれば還元率はかなり低めです。

しかし、上手に使えば1%以上の高還元率にすることができます。

今回は、イオンクレジットカードのポイントをざくざく稼ぐ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

イオンカードの種類

イオンカードにはたくさん種類がありますが、

一般的によく使われているカードは以下の4種類です。

イオンクレジットカード

「クレジット支払い」と「電子マネーWAON支払い」がこれ1枚で可能。

クレジット支払いの還元率は0.5%です。

還元率0.5%で得たポイントは、「ときめきポイント」と呼ばれ、WAONポイントや指定の商品と交換できます。

電子マネーWAONカード

あらかじめ現金をチャージ(入金)しておけば、

お支払いの際に現金がなくてもワンタッチでお買い物ができるカードです。

お支払い200円ごとに1ポイントが貯まります。

WAONポイントカード

現金で支払う際に提示すれば、200円(税込)で1ポイントもらえるカードです。

イオンカードセレクト

上記3つのカードがまとめて一つになったカードです。

  • クレジットカード機能
  • 電子マネーWAON機能
  • イオン銀行のキャッシュカード機能

このような機能がすべて入っています。

複数カードを持つのが面倒な人は、イオンカードセレクト1枚持ちをおすすめします。

イオンカードの種類は、上記4つを含めて全55種類ありますので、他のカードが気になる方はこちらをご覧ください。

今回は、上記のカードを持つことで、ポイントを大量ゲットする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

イオングループの店で買い物をするとポイント2倍になる

イオンクレジットカードの還元率は0.5%(200円で1ポイント)で、他のカードと比べれば還元率はかなり低めです。

楽天カードやドコモのdカード、Yahoo!ジャパンカードなどの人気クレジットカードは1%還元からが多いので、一見するとあまりメリットがないカードだと思ってしまいます。

しかし、イオンクレジットカードでも、簡単に1.0%(200円で2ポイント)以上の還元率を得られる方法があります。

それは、「イオングループのお店でお買い物をする」、これだけです。

イオングループのお店で買い物をするだけで、単純にポイントが2倍になります。(0.5%×2=1.0%)

「イオンが家の近くにない」という人でも、イオングループのお店は想像以上にたくさんありますのでチェックしてみてください。

イオングループ店の一部をご紹介します。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ザ・ビック
  • アコレ
  • ピーコックストア
  • サンデー
  • KASUMI
  • KOHYO
  • マルナカ
  • ホームワイド
  • まいばすけっと
  • ミニストップ
  • イオンモール
  • イオンタウン
  • イオンリカー
  • イオンバイク
  • R.O.U
  • スポーツオーソリティ
  • 未来屋書店
  • イオンコンパス
  • 四六時中
  • イオンシネマ
  • イオンペット
  • saQwa
  • タルボット
  • ikka
  • イオンボディ
  • ハックドラッグ
  • ウエルシア薬局
  • OPA
  • 山陽マルナカ

2018年8月21日現在、このようにイオングループ店はたくさんあります。

上記のお店でクレジット払いすると、イオンカード還元率0.5%が2倍の1%に跳ね上がるのです。なお、対象店舗はまだまだ拡大予定です。

スポンサーリンク

さらにポイントを稼ぐなら「20日・30日5%オフ」の日を狙う

イオン系列店で買い物をすることに加えて、さらにポイントを稼ぐなら、イオンの「セール日」に買い物をしましょう。

イオンでは以下のようなセール日があります。

  • 【5・15・25日】  ポイント2倍day (お客さまわくわくデー)
  • 【10日】      ポイント5倍day  (ありが10デー)
  • 【20日・30日】   5%オフday    (お客さま感謝デー)
  • 【15日】       5%オフday      (G.G 感謝デー55歳以上限定)

この中で最も簡単に、そして大量にポイントを稼ぐなら、

「20日・30日5%オフ」の日に買い物をするのが一番です。

CMでおなじみの、「はつ~かさんじゅうにち5%オ・フ♪」の日です。

20日・30日5%オフdayに買い物をすると、

  • 単純に購入品が5%オフになる
  • クレジット支払いすれば、1.0%還元(イオングループでの買い物だから)

つまり、5%+1.0%=驚異の6.0%還元になるのです。

6.0%の還元率は、他のクレジットカードではあり得ない高還元率になります。

55歳以上限定になりますが、15日の5%オフdayも同様に6%還元です。

そして、他2つのセール日でも高い還元率が受けられます。

  • 【5・15・25日】ポイント2倍day 0.5×2=1.0%還元
  • 【10日】ポイント5倍dayは、0.5×5=2.5%還元

はじめに6.0%還元とか言われたら、1.0%~2.5%なんて低く感じてしまいますが、

クレジットカード払いで1.0%~2.5%は十分に高い還元率です。

スポンサーリンク

イオンカードのキャンペーンでポイントを稼ぐ

イオンのキャンペーンは、「○○名様に〇〇ポイントが当たる」という抽選のキャンペーン以外に、

必ずポイントがもらえるキャンペーンもあります。

例えば、イオンカードの公式アプリ

イオンウォレット(クレジット支払いした金額と、現在保有のときめきポイントが一目で分かる)」をダウンロードしてログインすれば、

新規ご利用キャンペーンとして、もれなくときめきポイント200円相当分がもらえます。

※2019年2月20日まで

定期的にキャンペーンは変わりますので、こまめにチェックするとポイントゲットのチャンスが広がります。

イオンカードのキャンペーンページはこちらです

スポンサーリンク

現金派なら、WAONでポイントを貯めよう

イオンカードでポイントを貯めるならクレジット払いが断然お得ですが、

クレジットカードに抵抗がある現金派の人は「電子マネーWAONカード」を使うのがおすすめです。

電子マネーWAONカードはこれ↓

WAONカードにお金をチャージしておくと、現金がなくてもワンタッチでお支払いが可能です。

Suicaのように、チャージ機で現金をチャージするだけなので、クレジット機能はありません。

WAONカードのチャージ限度額は50,000円となっています。

WAONカードは、お支払い200円ごとに1ポイント獲得できます。

さらに、「WAON会員所有者情報登録」をすると、月間累計利用料金500円ごとに1WAONポイント獲得できます。

「イオンカードセレクト」を持っていると、さらにWAONポイントが貯まります。

イオンカードセレクトはこれ↓

イオンカードセレクトとは、

  • クレジットカード
  • WAONチャージ
  • イオン銀行のキャッシュカード

この3つの機能が合体したカードです。

イオンカードセレクトを持っている人は、

WAONのオートチャージ機能(カード内の金額が不足したら自動的にチャージされる機能)が使えます。

オートチャージ機能を設定しておくと、

  • オートチャージされるたび200円で1 WAONポイント
  • 使用するたびに200円(税込)につき1 WAONポイント

上記のポイントを合わせて、200円で2 WAONポイントが獲得できます。

つまり、実質の還元率が1.0%になるので、WAONポイントの2重取りができるのです。

現金派の人でも、イオンカードセレクトを作って、

クレジット可能を使わず、電子マネーWAON機能のみを使用するのも良いのではないでしょうか。

WAONカードが使えるお店はこちらです。

スポンサーリンク

公共料金支払い&給与口座指定でポイントを貯める

イオンカードで公共料金を支払うと、口座振替1件につき毎月5 WAONポイントがもらえます。

さらに、「イオン銀行」を給与振込口座に指定すると、毎月10 WAONポイント獲得できてお得です。

通常の還元率以外にも、上記のようなポイントが稼げるので、

公共料金も、給与振替口座指定も、お買い物もすべてイオンカードにまとめたい人は非常におすすめです。

しかし、よっぽどのイオングループ店ヘビーユーザーではない限り、

公共料金は、別の還元率が高いカードにした方がお得な場合もあります。

楽天カードやドコモのdカードは、イオンカードと同じく年間会無料で1%の還元率ですし、

REX CARD(レックスカード)も年会費無料で1.25%~1.50%の還元率があります。

公共料金は毎月必ず発生するので、還元率が高いカードで支払った方が長い目で見ればお得です。

年間を通してみると、「塵も積もれば山となる」で、大きな差が出ます。

スポンサーリンク

まとめ

イオンクレジットカードの還元率は0.5%ですが、上手に使えば1%以上の高還元率にすることができます。

高還元率を実現するためには、イオングループのお店で買い物をしたり、

セールや優待日の日にまとめてお買い物をすると最大6.0%の還元を受けることが可能です。

ほかにも、キャンペーン情報をこまめにチェックしたり、公共料金をイオンカードで支払ったりすると、さらにたくさんのポイントを獲得できます。

よくイオングループのお店を利用する人は、絶対に持っておいた方がお得ですので、

この機会にぜひカード申し込みを検討してみてください。