ライター講座情報 文章の書き方・ライターのなり方

フリーランスのウェブライターは苛烈な職業なのか?

更新日:

最近僕のウェブラターセミナーのプロモーションに力を入れているので、せっかくなのでそれに関連して何か書こうと思います。

しばらく毎日ウェブライターについてブログ的に記事を書こうかと思っていますのでよろしくお願いいたします。(宣言して自分を追い込むやつです)

さて、そんな感じで今回は「ウェブライターの収入」について書きます。

すでにウェブライターとして仕事をしていらっしゃる方、どうでしょうか?

結論じみたことを始めに書いてしまいますが、個人的に知りうる限り、純粋にウェブライター(ウェブメディア以外は含みません)としての仕事で、

一番稼いでいるウェブライターの人は、月収100万くらい

です。

ただし、かなり馬車馬的に仕事をしていらっしゃいます。さらに、取材ものとかで駆け回っていらっしゃるようですが、でも地方都市の方です。もしかしたら東京の方でしたら、もう少し稼げるかもしれません。

月収100万。いいですよね。営業スキルと、ライティングスキルの両方をもてば、このくらいは可能だろう、という数字です。

もちろん、駆け出しのうちは難しいはずです。ライター経験10年以上くらいが条件かなと思います。これは、単に人脈を作る=営業しやすくなる、という意味で、スキルを身につけるのに10年かかるというわけではありません。

 

余談ですが、SNSなどを拝見していると、100万越えしていると発言されている方も散見しますが、多分そういう数値は最大瞬間風速的な数値、例えば年度替りのタイミングで1年分の契約を事前に支払ってもらったとか、たまたま大きめの案件の請求(入金)が重なった、というのが原因でひと月の売り上げ(入金)がどーんときた、というのが実際のところではないでしょうか。ら僕もひと月で何百万円の請求、入金の経験はあります。そんな話をしても再現性はありませんから、あえてアピールしたことはないのですが。

はじめにお話しした通り、個人的にはウェブライターとしてガンガンに稼げるマックスの数値は、おそらく月収100万です。

まずは考えられる最高の収入の例から話をスタートさせましたが、では実際に、現実的なライターの収入というのはいくらくらいでしょうか。

残念ながら正確な統計データを持っている組織はなさそうなので、これ、という金額はわかりません。

感覚的には下は5万〜。上が50万くらいではないでしょうか。しつこいようですが、ウェブメディアのライティングに限っての話です。アフィリエイトなどの収入は除いた金額です。

専門性を持ったカテゴリーで単価の高い仕事が受けられる、例えばいまなら医療系や看護師、薬剤師の転職系などは、単価が高くなりますから、バシバシ書けば、もう少しいけるでしょう。

ウェブライターの収入を計算してみましょう。

標準的なウェブライターであれば、文字単価単価平均2円か3円ではないですか?

そうすると、1日に1万文字の記事を仕上げると考えて、日給2〜3万。20日労働で40〜60万となります。

1日に1万も自分の記事を書くと言っても、その中には事前のリサーチや構成、そして書き終えた後の校正や画像の挿入などがありますから、そこまで含めた作業として、その程度が1日にできるマックスかなと思います。

実際にはそれ以外にも発注主とのやり取りや、仕事を取るための営業的な活動などの時間も必要となります。

さらに、条件として文字単価単価平均2円か3円と書きましたが、平均としてこの単価で仕事を取れるライターの方は実際それほどいらっしゃらないはずです。

もちろん、文字単価10円以上で受けている方もいらっしゃるでしょうが、クラウドソーシングからスタートして、条件のいいクライアントと巡り会えば、そういう単価も夢ではありません。が、なかなか現実的にそのような単価を新規で獲得していくのは、運と実力の両方がぴったりマッチしないと難しいものです。

実際に裏話的な数字を出すなら、例えば大手メディアの下請け的な編集プロダクションなどへのコンテンツのオファーの金額が、文字単価10〜20円程度であれば良い条件といえますから、その中から編終了を抜き、マージンを抜いたライティング料金はやはり高くても10円。5円あれば御の字というのが、感覚的に「良い条件での」平均値です。

個人的に理想とするライターとしての働き方

さて、何となく数値的に他人事かのように話を進めてきましたが、実際に僕のスクールの卒業生であり、今はお手伝いもしてくれている「りぴ」(ライター歴約1年)が、どんな働き方をしているのか。

結論から言えば、昨年末からここ数ヶ月の平均収入は30〜35万/月。マックスで50万に少し届かずという数値。

フリーランスとして、めちゃ稼いでる、というわけではありませんが、まあ食べていけるレベルは稼げています。

彼女のツイッターを見ていると、一生懸命何時間も仕事をしているようにも見えますが、実際には平均すれば実働は1日数時間といったところ。

そこまで朝から晩までガッツリライティングしているわけではなく、仕事を早めに終えて近所の大きな公園まで車を飛ばしポケモンを捕まえに行ったり、ネットカフェに漫画を読みに行ったり、深夜までカラオケしている時間も、けっこうあります。

ウェブライターの割には、まったりと仕事をするスタイル、と言えるのではないでしょうか。

個人的には、こういうスタイルが理想かなと考えています。もちろん、フリーランスというのは金銭的に保障が少ない分、しっかり貯金しておくべきですから収入は多いに越したことはありません。でも、ついそう思って無理をして仕事しすぎで、体や精神を壊しがちになるのも、フリーランス、ライターならではの悪循環です。

「ライフワークバランス」という言葉は、フリーランスだからこそ意識したいものではないでしょうか

もちろん、個人個人のスタイルを否定するつもりはありませんが、僕としてはこれまでの随分と長いフリーランス経験(法人にしていたころもありましたが、スタイルはほぼ20数年変わっていません)から、実働数時間、収入50万(年収600万)程度をまず目指していくのが理想なんじゃないかな、と考えています。

りぴの例に話を戻すと、ライター経験が2年目に突入し、年を越して来年になれば、単価が今よりはもう少し上がり、1.5倍にでもなってくれれば来年には月収50万をコンスタントに目指せるくらいになるんじゃないかな、と予想しています。

ウェブライターというと、少し知っている人なら睡眠時間を削って苛烈な環境でギリギリの生活をするというイメージを持つかもしれませんが、もう少しまったりと、自分の時間をしっかり確保しながら、同年代のサラリーマンの平均収入程度、あるいはもう少し良い暮らしができるような、そんなライフスタイルも可能なんじゃないかなと、僕は考えていますし、自分のスクール生の人たちが(もちろん初めはある程度キツキツにしなければ成長しませんが!)そんな風に人生楽しんでくれればな、という思いで、生徒さんをサポートしていきたいと望んでいます。

ご一緒していただけるウェブライターを目指す方がいらっしゃるなら是非のページもご覧ください。


旬なオススメ記事

-ライター講座情報, 文章の書き方・ライターのなり方

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.