仮想通貨の記事に挑戦しています!

こんにちは、WEBライター7ヶ月目に突入したcommin(こみん)です^^

 

最近、仮想通貨に興味を持ち始めて記事の執筆に挑戦しています。

 

ランサーズでは仮想通貨の記事募集がとても多いので、書けるようになれば幅が広がるなと思ったのがはじめでした。

 

私に書けるだろうかと心配でしたが、何冊か本を読んでいると仮想通貨の奥深さ?というか世界に引き込まれて楽しくなってきました^^

 

株とかFXと比べてみると、仮想通貨の方が断然カンタンなような気もします。

 

カンタンと言ってもかなり勉強が必要ですが(^^;)

 

 

 

スポンサーリンク

仮想通貨の知識を深めよう

仮想通貨の知識をインプットするために、これからこのブログで仮想通貨についての情報を書いていこうかなと考えています。

 

本などで得た知識を、ブログに書いていくと自分の中で整理ができるから、うまく脳に定着するそうです。

 

説明する力も、ブログを書く事によって上がっていくみたいなので、やはりブログは大事だなと思う今日この頃です。

 

ちょいちょいブログが途切れる私ですが、続けていく気はマンマンの私です。笑

 

スポンサーリンク

Voicy」の仮想通貨チャンネルが楽しい!

最近webラジオ?の、「voicy」というのをよく聞いているのですが、「イケハヤ仮想通貨ラジオ」のイケハヤさんのチャンネルがものすごく参考になります。

https://voicy.jp/channel/585

 

情報収集のコツなども聞く事ができて、聞いてて楽しいです。

 

スポンサーリンク

リップルという仮想通貨を知る

最近、リップルという仮想通貨が話題だと聞きました。

 

なぜ話題なのか…それはぶっちゃけ分からなくて、「とにかく今はリップルがいいらしい」と訳も分からず友達が話していたので、「フーン今はリップルなのか」と漠然に思っていました。笑

 

先日、バラエティ番組の「モニタリング」で、お笑い芸人「おかずクラブ」の2人がリップル買ったんですよ!と、リップルについて話している場面がありました。

 

バラエティ番組で仮想通貨が話題になるとは…仮想通貨もかなり有名になってきたな…

 

なんて、のんきな事を考えていた私です。

 

スポンサーリンク

リップル(XRP)とは

さてリップルについて書きます。

 

リップル(XRP)は、リップル社が2013年に発行した仮想通貨です。

 

ビットコインのように数は有限で、その限度は1000億XRP。(想像がつきませんが…)

 

ビットコインの上限は2100BTCなので、比べると約5倍の量が存在するということになりますね。

  

 

スポンサーリンク

リップルの仕組み

リップルはコインの名前ではなく、もともとはシステムの名前で、ネットワーク上で安価な送金またはトレードをするための土台として作られました。

 

銀行から海外に送金するとなると一般的に手数料が5000円前後かかりますが、リップルのシステムを使うと数百円で送金できます。

 

送金時間も銀行経由では3日以上かかるのが、リップルで送金すると数秒で完了しちゃうらしいです。

 

しかも365日、24時間送金が可能!

 

そんな便利すぎるリップルのシステムで海外送金したい!と思ったら、少額のリップル(XRP)を支払わなければいけないのです。

 

リップルのシステムで送金したければ、リップルコイン(XRP)支払えよ~ということで、リップルはブリッジ通貨とも呼ばれています。

 

スポンサーリンク

リップルは将来性が高い

これからは銀行からの送金よりも、リップルで送金するほうがはるかにコストも時間も減らす事ができるので、将来的には必ず普及すると見込んでリップルを買っている人が多くいるというわけですね!

 

超カンタンに書きましたが、次回は違う仮想通貨について書きたいと思います。

では^^