りぴのウェブライター日記

【りぴのウェブライター日記】後半 その4:部屋を借りるのも一苦労!社会的な信用がないとツライ

投稿日:

部屋を借りるのも一苦労!社会的な信用がないとツライ

前回の続きはこちらから読めます。

 

事務所として借りる部屋を決定し、いざ契約!となったわけですが、ここで一つ問題がありました。

 

それは、フリーランスのライターという職業だと、社会的な信用がないという点です。

つまり、部屋は借りられるけど、家賃を一年分前払いをするか、保証人を付けないといけないということ。

 

なるほど。

もちろん家賃を滞納する気はありませんが、会社に勤めていないと前払いをするか、何かあった時に代わりに払ってくれる人を用意しないと「信頼できない」ということなのですね。

 

つら!(笑)

 

既婚者であれば夫がいるので問題ないと思いますが、独身のフリーランスはなんだか肩身が狭いなぁと感じましたね。仕方ないのだけれど。

 

ブラック企業に戻りたいとは思いませんが、とりあえずサラリーマンやってれば、家を借りるのも買うのも自由(ローン組めるし)ですよね。

 

フリーランスはいろいろと自由にできますが、保険とか確定申告とか自分でやらなきゃいけないし、結構面倒だなと感じることもたくさんあります。

手続きが大変なものもあるし、今回みたいに「信用がない」とされることもあるので、決して楽なことばかりではないですよ。

以前、クレジットカードを作る時も収入について、なんやら細々と聞かれましたし(笑)

 

こういう面倒なことも含めて、私はフリーランスのライターの道の方が人生が楽しいと思えるので、もうどこかに就職はしないと決めています。

でも「全て自分でやる」というのは、めんどくさかったり大変な部分もたくさんあるので、これからフリーになることを考えている人は、事前にそれだけは頭に入れておいて欲しいなぁと思います。

 

もちろん私はそんなとこまで考えずに会社辞めたけどね!(笑)

 

ちなみに今回は一年分の家賃を前払いする方法を選びました。

 

もし、開業届を出していない状態で月30万の家賃のマンションに住みたいと考えて、家賃前払いと言われたら(団地のみみたいですが)…

360万円

事前に必要になるのか。

 

うん、頑張って稼ごう!(笑)

 

こうして無事に事務所となるお部屋を借りられたのです。

 

机はイスなどはとりあえず自宅にあるものを持って来たり、貯まりまくったTポイントでアイリスオーヤマの安いコーヒーメーカーを買ったりと、初期費用はなるべく抑えました。

ほんと、広い部屋に机とイスがちょこんとあるだけで、最初はとても質素でしたね〜。

これから頑張って稼いでグレードアップさせていこう!と誓った瞬間でした。

 

ちなみにこの事務所は、現在りぴ(とデグー)の事務所兼自宅になっております^^

 

続く。

私が受けているのはこちらのスクールです^^

原久鷹のウェブライターパーソナルレッスン

旬なオススメ記事

-りぴのウェブライター日記
-

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.