2017年買ってよかったもの!コスパ最高!ドンキの「Bluetoothワイヤレスイヤホン」来年は、呼ぶときに恥ずかしくないAIスピーカーが欲しい!

こんにちは!

棺桶に片足突っ込んでも、未来にも片足突っ込んでから死にたい!

まだまだ駆け出し修行中ママライター(とも言えない)yukaです。

今年私が買ってよかったもの!

それは!

じゃじゃーん。

スポンサーリンク

「完全ワイヤレスイヤホン」です!

マシュマロみたいにコロンとしてすごくかわいいでしょ?

イヤホンといえば、スマホや音楽プレーヤーのイヤホンジャックに接続するタイプが主流ですが、最近ではBluetoothで接続するワイヤレスタイプがたくさん販売されています。

その中でも、両耳をつなぐケーブルさえ無い、

左右のイヤホンが完全に独立している両耳に取り付けるだけの完全なワイヤレスのBluetoothイヤホン、これがとっても優秀なのです。

私は家事をするときによく音楽を爆音で聞きながら掃除機をかけたり、洗濯をしたりするんですが、ポケットに突っ込んだスマホから伸びるイヤホンのケーブルが相当邪魔だったんです。

少しかがめば立ち上がる時にケーブルが膝が引っかかってすごい勢いでイヤホンが耳から外れる、掃除機をかけていればイスの背もたれに引っかかってパーンとイヤホンが飛んでいく。

耳からイヤホンが外れるだけならまだしも、スマホがボーンと飛んで行ったりするとかなりヒヤヒヤしますし、せっかくの集中力も途切れてしまいます。

また通勤でもカバンの中のスマホとケーブルでつながっているイヤホンが邪魔で仕方がなかったんですよね。ケーブルも絡まるし・・・

そこで!

そんな心配が皆無の完全ワイヤレスイヤホンなるものを買おう!

そしてケーブルのイライラから解放されたい!

すぐに秋葉原のヨドバシなど色々な電気屋さんをめぐって最後に私がたどり着いたのがこのイヤホン。

白くてかわいいケースに入っているこちらは

スポンサーリンク

ドン・キホーテの情熱価格というプライベートブランドから発売されているDZBES-100-D

定価¥5,980(税抜き)

ウィルコム社製

(ウィルコム社から出ている製品は、DZBES-100 で同じ価格で売られていますよ)

色はこの白の他に、ブラックとレッドがあります。どれもかっこいい!

さんざん電気屋さん回って、結局ドンキか~いとツッコミが聞こえてきそうですが(;^_^A

おそらくこのイヤホンが今のところ一番コスパが良いと思います。

この価格で充電用ケース付き。

音質良し。

動画視聴時の音の遅延もほぼ無しです。

ドンキのPVはあなどれませんよ。

さてそのドンキの完全ワイヤレスイヤホン。

このケースのふたをぱかっと開けるとすぐにペアリングが始まりますよ。

簡単簡単~

耳に付けてみて初めに思ったのが「軽い」ということ。

片耳で4g程度です。

ヨドバシで見て回った倍くらいの価格するイヤホンよりもずっと軽いです。

そして耳に付けてしまうと思ったよりもずっと「気にならない」ということ。

耳に付けるシリコンのイヤーピースもサイズがXS/S/M/Lと4種類もついています。

女性の耳にもちゃんとフィットする大きさがそろっているので安心ですよ。

そのため耳に付けている感覚がほとんどなく、室内のスピーカーから音楽が聞こえている感覚と全く変わらなくて、気づけばずっとそのままつけっぱなしで車に乗ろうとして車からラジオが聞こえてきてやっと気付くくらいです。

余談ですが、

この両耳のイヤホン、しゃべるのよ。

スマホと接続するときもちゃんと両耳から「接続完了」って(英語ですけどね)女性のセクレタリーみたいな声が教えてくれるんです。

充電が少なくなってきたときも女性の声で優しく教えてくれます(英語ですけどね)。

でもこれが優しい女性秘書にささやかれているみたいでなんだか気持ちいいのです。

これは思わぬ良さでした。

さらにこのイヤホンをしまうときはこのケースにポンと入れるだけ!

充電式専用ケースにセットしてふたを閉めると、勝手に充電してくれます!

なんて便利~

約5回ほど充電できるので外出先でも充電切れは全然怖くありません。

こんな便利なイヤホンなら、もうケーブル付きには戻れませんね。

スポンサーリンク

そしてお次に、来年2018年に絶対に欲しいもの!

それは「AIスピーカー(スマートスピーカー)」です。

AIスピーカーとは、スピーカーがAIアシスタントに接続され、調べものや家電の操作など、画面をタップしたりキーボードを叩いて入力したり、家電のスイッチを押したり調整したりなど様々な人の行動を音声だけで済ますことができるようになるための入り口のようなものです。

様々なAIスピーカーにAIアシスタント、さらにはそれに接続できる家電やシステム、アプリなどが今どんどん開発されて発表されています。

今は、音楽の再生や家電の操作、ニュースの読み上げメールやLINEの送信、もちろん検索結果の読み上げもいろいろとできることがあります。

そしてこれからはそれだけじゃない、もっともっと便利になっていきます。

例えば家中にある電池。

家電の中、懐中電灯の中、おもちゃの中、ガスコンロ、時計・・・家中のものがもしもすべてIotに対応していればAIスピーカーに「電池のストックはどれだけ必要?」と聞けば、あっという間にすべてのモノの電池の残量を計測し、「単4が3本 単3は5本必要です」なんて答えが返ってくる日もそう遠くないわけです。ついでに「トイレの電球も切れかけています。60W形白色LED型番は・・・です」なんて言われちゃったりするかもしれないのです。そしてそれをそのままAmazonで購入するとかね!

なんて便利になるんでしょう!

嫁に来てほしい!

もちろんこれは実現可能な少し未来の話、すべてのモノがインターネットにつながる時代になれば、つまりIotの時代になればきっとこれくらいのこともできてしまうでしょう。

今のAIスピーカーにできることは限られますが、それでも欲しい!

ではどんなAIスピーカーが良いのでしょうか?

今候補に挙がっているのは

1.「Google Home」

2.LINE「Clova」

3.Amazon 「Echo」

です。

各社から出ているAIスピーカーで今後の拡充が有望なのはこの3つ。

今現在スマホなどでどんなコンテンツを利用しているかでAIスピーカー選びの指針ができるでしょう。

1.【GoogleHome】

スマホがAndroid端末でGoogleで主に管理している人は、やはりGoogleHomeがいいでしょう。スマート家電でもGoofleHomeに対応した製品がどんどん出てくる予定です。

GoogleHome公式ホームページ

https://store.google.com/category/home_entertainment

2.【LINE Clova】

かわいいスピーカーが印象的なClova、LINEやLINE MusucのようなLINEのコンテンツを多く使う人はLINEのClovaがおすすめです。Clova FriendsではLINE電話も可能。またトヨタやファミリーマートとも連携してファミリー層を狙って拡充しています。

これからできることが増えそうですね。

Clova FriendsができることYouTube

https://youtu.be/lK-9yDoHsZ8

3.【Amason Echo】

Amazon Prime会員ならこちらを考えてみるのもいいかもしれません。

Amazon Musicはもちろん対応済。

まだ海外版のみのサービスですが、今後は日本でもAmazon FireTVと連携して、Amazon PrimeVideoやKindleとも連携できるでしょう。

海外では普及率はこのEchoが一番です。AIスピーカーの収音品質や各種コンテンツの充実に力を入れているため、AIアシスタントの回答が1秒以内に返ってくるなど、AIスピーカーの中ではこのEchoが一足先に行っているという印象です。

Amazon Echo dot紹介YouTube

https://youtu.be/hPXS7rC1PWo

どれもいいけれど、私が気になるのはやはり「Echo」でしょうか?

Amazon Prime会員としてAmazon Primeサービスに依存している身としては今のところこの一択かもしれません。

そして機能も大切だけれど

今私が気になっているのは、その「呼び方」!

AIアシスタントに呼びかけるのってちょっと恥ずかしくありませんか?

道端でスマホに「Hey! Siri」って声をかけるのってちょっと恥ずかしくないですか?

家の中でだって同じです。

Googleだって「OK Google!」や「ねえ、Google」ってどや顔で(とは限らないけれど)家の中で呼びかけるのも恥ずかしいです。

私はきっと名前を呼ぶたびにあたりを見回してしまいそうです。

その点、一番はAmazonの「Echo」です。

EchoのAIは「Alexa(アレクサ)」なので、「アレクサ」と呼びかければOKです。

「Hey」とか「OK」とかいう必要がないのでこれならハードルが低いですよね。

呼び方は後で変更できるようですがわざわざ命名するのもやっぱり気恥ずかしいです。

そんなわけで、機能やコンテンツよりも大切だけどまずは呼び方!

機能も私にぴったりだし、呼び方もまあ許容範囲。

結果、今は断トツAmazon「Echo」を検討中です。

来年は優雅に「アレクサ?」って呼びかけちゃうぞ!

あなたならどのAIスピーカーにする?

お気にのお買い物紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Yukariをフォローする
ウェブライタースクール発信ニュースサイト名古屋、東海のイベント情報も