りぴのウェブライター日記 文章の書き方・ライターのなり方

【りぴのウェブライター日記】17.ライターになって2ヶ月目の売上は一体いくらだった?2017年2月の報酬報告。

投稿日:

ライターになって2ヶ月目の売上は一体いくらだった?

前回の記事はこちらから読めます♪

さて、継続案件を受注したり、記名記事を執筆したりと、1ヶ月前よりはライターとして成長できたような気がしていた私ですが、2月の売上は一体いくらだったのでしょうか?

2017年2月、ライターになって2ヶ月目の売上は…

約24,000円

でした。

先月より20,000円アップです。うーん、お小遣いが欲しい程度なら「ラッキー♪」と感じるかも知れませんが、私はそうではありません。

ライター業一本で生活をしていくわけですから、この金額では健康保険代(リアル)ぐらいしか払えないですよね。

目標にしている月収100,000円の半分もいっていません。

これではまずいなぁと思い、何がいけないのかを考えてみることにしました。

売上が伸びないのはなぜ?

自分なりには毎日何かしら作業をしているはずなのですが、なぜ思うように売上が伸びないのかを考えてみることに。

そこで思い当たったのが下記の内容です。

  • 「空き」の時間ができている
  • 必要文字数以上の文字数を執筆している
  • モチベーションが上がっていない

一つの案件が終わると、継続案件以外の仕事はまた新しく探さなければなりません。継続案件のみで一ヶ月のスケジュールが埋まれば良いのですが、まだそこまで継続案件がないのです。

案件が終わりそうな時に、前もってうまく繋がるように新しい仕事を取れていれば良いのですが、余裕がなく、一通り片付けてからしか仕事を探せていないので、どうしても仕事がない「空き」の時間ができてしまっていました。

正直、余裕がない、というのは甘えですよね。案件を探す時間ぐらい、スマホを触る時間を節約すれば作れるものですから。

そのため、「空きの時間を作らない」ことを目標に追加しました。

その他、指定文字数以上に執筆しているのも原因の一つです。

例えば、600文字以上で提出する場合でも上手くまとめることができず、1,000文字以上になってしまうこともありました。

必要な内容であれば1,000文字あっても良いのですが、もっと要約できるでしょうという内容のもの。それはムダな執筆時間を使っているだけです。

これでは自分でさらに単価を下げてしまっているだけ…

もっとスッキリ短くまとめて、できるだけ指定文字数以内に収める練習が必要だと感じました。

モチベーションの低さに対しては、もう、

欲しいものを作るしかない

です。私の場合は。(笑)

当面は退職金で生活が成り立ってしまうので、「生活のために!」というのはあまりモチベーションが上がる理由にはならないと気がつきました。

お金があると頑張らない、これはこの先も悩みのタネになっていくんですよね。

とりあえず、何か買いたい、欲しいものを考えないとな〜と。

実はモチベーションを上げるのが一番難しいことだったりするんですけどね。

続く。

 

私が受けているのはこちらのスクールです^^

原久鷹のウェブライターパーソナルレッスン

【りぴのウェブライター日記一覧はこちらです】

旬なオススメ記事

-りぴのウェブライター日記, 文章の書き方・ライターのなり方
-

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.