その他

【2018年】バレンタインに手作りチョコを贈るならこれがおすすめ!|ケンズカフェの失敗しないガトーショコラレシピをご紹介

更新日:

バレンタイン!大好きな彼に手作りチョコを贈ろう

バレンタインと言えば、大好きな彼に想いを伝える一大イベントです。

有名なショコラトリーのチョコレートもおしゃれで良いですが、想いを込めるならやっぱり「手作りチョコ」ですよね。

私も小学生の頃からいろいろな種類のチョコレートを手作りしてきました。

でも、おしゃれでおいしそうなチョコレートを作ろうと思うと、なかなか上手くいかなかったり時間がかかってしまうこともあります。

チョコレート作りにあまり時間をかけられないこともありますから、できるだけ短時間で作れて失敗しないチョコを選びたいものです。

今回は「簡単に作れて見た目もおしゃれな手作りチョコレート」を3つご紹介します。

これを選べば失敗せず、手の込んだチョコレートに見えるはずですので、彼への想いも自信を持って伝えられることができるでしょう。

最後にはあの有名な「ケンズカフェ」のガトーショコラレシピもご紹介しますのでお見逃しなく!

失敗しない!おすすめ手作りチョコ3選

1.ガトーショコラ

ガトーショコラは私も何度か作ったことがありますが、一番見た目がおしゃれで「豪華」な感じがするチョコレートです。もちろん失敗したこともありません。

基本的に混ぜて焼くだけなので作り方も簡単!デコレーションも粉砂糖のみでもサマになります。

ラッピングに気合を入れれば、ショコラトリーのチョコレートにも劣らないおしゃれでおいしい手作りチョコの完成です!

2.トリュフチョコレート

少しアレンジをしたいのなら、トリュフチョコレートがおすすめです。

丸めた生チョコレートをベースにして、周りに付けるトッピングを工夫すれば、見た目も鮮やかな手作りチョコレートに変身します。

クランチや抹茶、アーモンドなど、彼の好みに合わせてアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

3.生チョコレート

大人な雰囲気がするチョコレートにしたいなら、生チョコレートがおすすめ!

トリュフは手で丸めないといけないので、「手がベトベトになるので作るのが苦手」という人もいるはずです。

生チョコは一口サイズにカットするだけで良いので、手もベタつきませんし、不器用な方でも大丈夫。

こちらも仕上げに粉砂糖をかければ、見た目も大人で落ち着いた雰囲気のする手作りチョコレートの完成です。

ケンズカフェのガトーショコラが作りたい!レシピは?

ガトーショコラと言って、スイーツ好きの女子なら「ケンズカフェ」のガトーショコラが頭に浮かぶでしょう。

「ガトーショコラの最高峰」と言われるケンズカフェのガトーショコラは、とても濃厚で上品な味がする、チョコレート好きにはたまらない一品。

JapanSweetsAwardで1位を獲得したこともあり、一つ3,000円という価格にも関わらず、多くの人が買い求める大人気スイーツなのです。

実はこのケンズカフェのガトーショコラのレシピは、パティシエである健治シェフが一般に公開しています。

バレンタインにガトーショコラを作るなら、ケンズカフェのガトーショコラのレシピで作ってみたくありませんか?

それではレシピをご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

ケンズカフェ ガトーショコラレシピ

調理時間のめやす:約1時間

材料(約1本分)

  • クベールチュールチョコレート 200g
  • 無塩バター 180g
  • 卵 Lサイズ3個
  • グラニュー糖 80g
  • パウンドケーキ型(長方形)またはデコレーションケーキ型(丸型)
  • クッキングシート

下準備

  • 卵は常温に戻しておき、無塩バターは包丁で刻んでおく。
  • クベールチュールチョコレートが板状の場合は、こちらも包丁で細かく刻んでおく。手の熱で溶けてしまわないように注意。
  • クッキングシートは型に合うようにカットしておく。

作り方

  1. 細かくしたチョコレートをバターをボウルに入れる。湯煎をしながらヘラを使って混ぜ合わせる。湯煎のお湯がボウルに入らないように注意する。
  2. チョコレートとバターが混ざり合ったら、グラニュー糖を入れてさらに混ぜる。
  3. グラニュー糖は溶けきらないので、チョコレートと混ざり合った時点、卵を入れていく。卵は湯煎をした状態で少しずつ入れていく。混ぜ合わせる手は止めない。
  4. 卵が混ざり合い、グラニュー糖が溶けきったら生地の完成。ツヤが出ていない場合は出るまで混ぜる。
  5. 出来上がった生地を、クッキングシートを引いた型に流し込む。
  6. オーブンを180度にセットし、約20分焼く。
  7. 中央がレアになっている程度で完成。粗熱をとったら、型から外して冷ます。
  8. 冷めたらお好みで粉砂糖をデコレーションし、カッティングをして完成。

混ぜて焼くだけなのでとても簡単ですよね。

ケンズカフェのガトーショコラは冷やして食べても良いですし、少し温めて食べてもおいしいです。

温めるとレアになった部分のチョコレートが「とろり」とした食感になるので、お店で食べるような食感が味わえます。

バレンタインまでに一度練習してみてはいかがでしょうか?

ケンズカフェのガトーショコラを食べたことがないという人は、作る前に本物の味を確かめてみても良いかも知れませんね。

ケンズカフェ公式サイト

http://www.kenscafe.jp

シェフご飯(レシピ掲載サイト)

https://chefgohan.gnavi.co.jp/detail/660

ケンズカフェのレシピで失敗しないコツとは?

こちらのレシピですが、レシピ通りにしっかり作れば失敗しにくいはずです。

しかし実は、実際に私も作ってみたのですが何度か失敗してしまったんですね。

今回はその失敗に理由をいくつか紹介していきますので、しっかりチェックして上手に仕上げてみてください。

まず材料ですが、チョコはそこまでシビアに、どうしてもクーベルチューでなければならないというわけではなさそうです。もちろん、質の高いクーベルチュールを用意するのがベストですが、どうしても手に入らないときはカカオ成分の高いチョコレートでも代用できます。

ちなみにクーベルチュールとは、チョコレートの素材として使われるフレイバーなどの混ざり気のないチョコのことです。ショコラティエは、このクーベルチュールに独自のフレイバーやテイストをブレンドして、チョコレートとして仕上げるんですね。ですから、このガトーショコラでは、純粋な原材料としてのチョコレートを使いましょう、ということになります。

バターに関しては無塩のカルピスバターがオススメです。

カルピスバターは楽天の

カルピスバター カルピス株式会社 無塩 食塩不使用 450g 業務用/製菓材料/製パン材料/お菓子材料/お菓子レシピ/お菓子/おかし/おやつ/パン/手作り/手づくり/バレンタイン/バレンタインデー/税抜10,000円以上送料無料

でも購入できますね。比較的レアな商品ですので、在庫のあるうちに買っちゃうといいと思います。ネット通販でなく、カルディコーヒーが近くにあるのなら、そちらでの購入も可能です。

さて、バターに関しては無塩のバターを利用すればいいのですが、これをケチって皆さんもよく使われる「無塩のクッキー・ケーキ用のマーガリン」で、このケンズカフェガトーショコラにチャレンジしたこともあるのですが、これ、絶対に失敗しますから気をつけてください。

あとは、混ぜる工程をしっかり「ツヤが出るまで」するのがポイント。季節によってはかなり時間がかかることもありますが、これを手抜きして卵を混ぜたチョコがバターと分離している状態で焼いてしまうと、ゴワゴワの舌触りの失敗作になってしまいます。

テカテカと綺麗にツヤがある状態まで混ぜるのが、成功のポイントです。

旬なオススメ記事

-その他
-

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.