SNSノウハウ WEAR

ファッションアプリWEARやSNSで「インスタ映え」する自撮り写真の撮り方を説明します

投稿日:

2017年の流行語大賞に「インスタ映え」という言葉が選ばれましたね。

インスタを何年も前から使っているユーザーにとっては今更、という気もしますが、世間一般的にインスタでおしゃれな写真を撮ることが、まさに流行になっている、ということでしょう。

幅広くインスタ映えする写真をどう撮るかという話は、また改めて紹介したいと思いますが、今回は「ファッション」に限って、さらにインスタに加えてファッションSNS(WEARなど)でおしゃれに見える写真の撮り方について説明していきます。

ただし、ファッションをおしゃれに撮るのはかなりテクニックとセンスが必要になります。ですからまずは、自撮りで平均的なクオリティをキープできるワザを、スマホ、デジイチそれぞれにわけて紹介していきます。

筆者の足長自撮り写真作例

撮影までにしっかりと準備を済ませておこう

それなりの機材を用意しよう

まず大事になるのが、何で撮影するかという機材です。多くの方はスマホでファッション写真を撮ることが多いと思いますが、低価格のスマホの場合はカメラ性能が悪く、良い写真が撮れません。

カメラ性能で平均的に及第点が取れるのはやはりiPhoneです。iPhoneであればiPhone5以降であれば、まずまずのクオリティの写真が撮れます。

Androidでは機種によってカメラ性能が全く異なりますが、あまりに古い機種、あまりに安い機種のカメラでは、画質が悪かったり、ボケてしまったりしがちです。

ファッション写真をそれなりに撮りたいのであれば、それを動機に少しいい機種に変えてもいいかもしれません。

後述しますが、背景をぼかしたおしゃれな写真を撮りたいのであれば、ダブルレンズを採用しポートレートモードが使えるiPhone7、8のPlus(サイズの大きい方)や、ワイドアパーチャが使えるHUAWAYの最新モデルがオススメです。

カメラのレンズについた皮脂をしっかり拭き取る

ファッション写真を見ている時に「あーあ」と思う代表例が、写真全体がうっすら白くぼやけてしまっている写真です。

これは、逆光で撮影した時になる現象ですが、それ以前にスマホのレンズを知らないうちに指先などで触ってしまい、汚れていることもあります。

最近のスマホカメラは、レンズ部分が飛び出ていることもあり、汚れやすくなっています。また、ケースを付けていると逆にレンズがケースに埋もれ、汚れが拭き取りにくいこともあります。

撮影した写真が全体的にぼやっとモヤがかかったようにテカっているときは、一度メガネ拭きなどでレンズを掃除してみてください。

三脚とリモコンを用意する

自撮りといえば自撮り棒(最近使っている人を見ませんが)が標準ですが、ファッション写真をきっちり撮りたいときは、スマホで撮影するとしても三脚、しかも、ミニ三脚でなく、安くても良いので普通のカメラ用の三脚が必須です。

カメラ用の三脚は安いものであれば2000円程度で購入できるので、ファッション写真にこだわりたいのであればぜひ入手しておきましょう。

スマホの場合は自撮り棒に取り付ける際に利用するアダプターも必要です。

全身ポートレートを撮影する際は、カメラやスマホを直角に倒し、縦長で撮影しますので、三脚もカメラやスマホを縦位置にしても倒れない程度のしっかりしたものが必要です。

さらに、三脚を使って撮影する際に必須となるのがリモコンです。

セルフタイマーを使っても良いのですが、シャッターを切って10秒以内にダッシュして、決めポーズを撮影するのは結構大変です。

スマホであれば100円ショップで売っているスマホのリモコンシャッターでも十分です。デジイチの場合は、最近のモデルであればスマホアプリでリモコン代わりになるはずです。(この場合、どうしてもスマホを持っている状態で撮影しなければならなくなりますが)

スタイル良く見える足長写真を撮るコツとは

さて、ファッション写真をおしゃれに撮る際に気をつけたい、一番のポイントは何でしょう。

それは、「足長写真の撮影方法」です。

初心者がやりがちな撮影方法は、自分の目の高さに合わせた位置から写真を撮ってしまうというものです。(仮に三脚を使っていたとしても普段の癖でつい!)

しかし、目線の高さから撮影した写真というのは、記念写真ならともかく、ファッション写真としてはかっこよくと撮れないことがほとんどです。頭が肥大化した、頭でっかちな写真になってしまう原因がこれです。

ではなぜ目線から撮るのがダメなのでしょう?その理屈とベストな撮影高さについて説明していきます。

ワイドレンズを使う(スマホはワイドが標準)

カメラのレンズの種類には「ワイド(広角)」「標準」「望遠」の三種類があります。カメラとレンズの話は説明しだすとキリがないので、今回は簡潔に「ワイド」で撮影しましょうということで話を終わらせておきます。

ちなみにiPhoneや主要なAndroidのカメラレンズは、このワイドレンズが標準となっています。ワイドレンズは標準のレンズよりも、より広い角度で撮影できるため、いろいろなシーンでそつなくこなさなければならないスマホで採用されているわけです。

ワイドレンズとは、よりワイドつまり広い範囲を撮影できるレンズで、これを使うと画面のフチのほうが「変形」します。これが足長写真を撮影するポイントなのです。

ワイドレンズは、画面の中心からフチに行くほど被写体が伸びて映ります。

この変形を使って、足長写真を撮影するわけです。

このフチのほうが伸びる部分で足を撮影すれば、実物よりも足が長く撮れるのです。余談になりますが、スマホで記念撮影する際にフチに行くと顔が変形してしまうというのも、このワイドレンズの特徴なのです。

では、どのように撮影すれば足を長く変形できるのでしょう。

アングルは下から煽(あお)り、つま先を一番下に

ワイドレンズを使ってファッション写真を自撮りするとき気をつけたいのが、どの高さから撮影するのかという問題です。

結論から言えば、三脚を使って一番下から撮影するのが正解です。三脚を一番低くしてカメラ(またはスマホ)を取り付けると、おそらく膝のあたりの高さになります。この位置からまず試してみましょう。

もう一つ気をつけたいのが、どのくらいカメラから離れるのかという問題です。最初にチェックするポイントはつま先の位置です。つま先が縦にしたカメラの一番下の部分になるようにカメラの上下の角度を調整します。

下からあおって撮影すると足長写真になる

腰のあたりの高さから撮影した写真。足の長さは実際に近くなる

よくありがちな実際の視線の高さからの撮影例。頭でっかちになってしまうのがわかるだろうか?

頭は画面いっぱいにしない(背景を多めに)

つま先の位置が決まったら、続いて、自分の頭が画面の真ん中より上になるように調整してください。

ワイドレンズの特徴は、フチに行くほど変形することだということを思い出してください。ですから足の先端、つまさきはできるだけフチになるようにします。しかし、同じように頭の頂点をフチまで持っていくと、足と同様頭が伸びてしまいます。

基本的にはファッション写真に限らず、人物写真は小顔で写りたいものですよね。

ですから、頭をフチまで持っていくのは危険なのです。頭の位置は画面の中央から少し上くらいになるよう、カメラの高さ、上下の角度と、カメラと自分の距離を調整します。

憧れの背景ボケ写真を撮るには?

ファッション写真でおしゃれな要素と言えば、背景ボケです。

どんなものかというと、WEARでも一番人気の「プチプラのあや」さんが背景ボケを上手に活用しています。ちなみにあやさんはご主人に写真を撮ってもらっているようですが、きっとご主人は写真好きなのでしょうね。


ではこの背景ボケ写真は、どのように撮影すれば良いのでしょうか。

本格的なデジタル一眼以外では本物の背景ボケは難しい

背景ボケを綺麗に撮影しようと思うと、普通のスマホはもちろん、コンデジカメラやミラーレスのデジタル一眼を使っても難しい場合があります。

実は、ちゃんとした背景ボケをさせるためには、やや高価なフルスペックのデジタル一眼が搭載しているフルサイズの「センサー」が必要となります。

普及価格帯(5万円~10万円)のミラーレスデジタル一眼は、このフルサイズの半分のハーフサイズのセンサーを採用している(APS-Cと呼ばれます)ため、背景ボケの写真が撮りにくいのです。

ですから、もし背景ボケのためにデジイチを購入するというのであれば、ASP-Cのミラーレスではなく、フルサイズのセンサーを採用したモデルにしておきましょう。

さらに背景ボケの撮りやすさは、各メーカーそれぞれ得意不得意があるので、事前に調査しておいたほうが無難です。

そして、フルサイズのセンサーを採用したデジイチ以外には、スマホを使って擬似的にデジタル処理で背景ボケの写真を撮影する方法もあります。

これについてはまた後ほど詳しく説明しましょう。

明るいレンズを使う

デジタル一眼で背景ボケ写真を撮影するために必要なものが、「明るいレンズ」です。

明るい、とは、レンズのスペックに表記される「f値」ができるだけ小さいものを指します。

しかしこれもまた、フルサイズとハーフサイズのデジイチでは、同じ数値でも実質的に異なりますので、具体的な数値について書くのは今回は避けておきます。(ものすごく複雑になってしまうので)

ちなみにハーフサイズがなぜ背景ボケさせにくいかといえば、同じf値のレンズを使っても、フルサイズと比較して暗くなってしまうからです。

デジイチを利用して背景ボケを撮影したいときに必要な機材は、この明るいレンズなんですね。

ちなみに筆者はハーフサイズセンサーのミラーレス機「Nikon1 J-5」で、「f1.8」という明るめのレンズを使っていますが、これでもまだ全身ポトレートを撮影しようとすると、十分に背景ボケさせるのが難しかったりします。

できるだけ被写体に近づく

背景ボケはカメラのスペック以外に、被写体との距離が影響します。

例えばテーブルの上に置いた小物などは、比較的背景ボケさせやすいのです。

なぜなら、被写体とカメラの距離を近ければ、背景はボケやすくなるからです。

小物は近くまで寄って撮影できるので、ぼかしやすいんですね。

しかしファッション写真で全身を撮影しようとすると、被写体からそれなりに離れなければ全身がおさまりません。

ここが、全身写真の背景ボケが難しい理由なんですね。

頭の先から爪先までを全部移せる距離で、できるだけ近づく。

さらに、背景は被写体から出来るだけ遠いほうがボケやすい。

この二点を覚えておきましょう。

望遠レンズを使う

先ほどは「明るいレンズ」を使う、というお話をしましたが、もう一つ望遠レンズを使うと背景はボケやすくなります。

ただし、望遠レンズは同価格帯のレンズであれば「暗い」ものが多く、望遠でさらに明るいレンズというのは、10万円オーバーの高級品となるケースがほとんどです。

よほどのカメラマニアでなければそのようなレンズには縁がないと思いますので、一応知識として望遠すると背景はボケやすくなる、ということだけ覚えておいてください。

特に全身ポートレートとなると、望遠で被写体から100メートル離れて撮影するというケースは、ほぼありえないと言っても良いでしょう。

望遠レンズでぼかした例。ハーフサイズレンズのため、十分にボケていない。

スマホの場合は「ポートレートモード」「ワイドアパーチャ」を使う

さて、デジイチで背景ボケおファッション写真を撮るのは結構ハードルが高いのがお分かりになったでしょうか。

しかし、スマホを使えばスマホの機能で背景ボケが簡単に撮影できてしまったりします。

一つはiPhoneの「ポートレートモード」です。

これは、人物を撮る際に背景をぼかすための機能なのです。ただし、ポートレートモードを使うためには、被写体との距離が限られていて、全身を撮ろうとすると状況によってポートレートモードが使えなかったりするので、撮影できるかは事前にチェックしてみてください。

もう一つの「ワイドアバーチャ」とは、HUAWAYというメーカーのAndroidスマホで利用できる背景ぼかしの機能です。

HUAWAYMate9という機種のワイドアバーチャを使って背景をぼかした例

このモードで撮影しておけば、あとからピントやボカシ具合を調整できますので、気軽に背景ボケを撮影したい場合はオススメのスマホです。

ただし、ボケ加工をデジタル的に処理しているので、フルサイズのデジイチの自然なボケと比較するとやや粗い感じとなってしまいます。

ちなみにHUAWAYのスマホは単体でも購入できますが
楽天モバイル スーパーホーダイ
であれば、端末を分割してリーズナブルに購入できますのでオススメです。

旬なオススメ記事

-SNSノウハウ, WEAR

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.