お気にのお買い物紹介

「椅子の上で眠る」という理想をロープライスのオフィス(パソコン)チェアで手にいれる

投稿日:

最近椅子を変えました。オフィスチェアです。

【楽天市場】13日迄全品P7倍 オフィスチェア 160度リクライニング 送料無料 オフィスチェアー リクライニングチェアー クッション付 椅子 パソコンチェア ワークチェア PCチェア OAチェア リラックス レザー パソコンチェア オフィスチェア PU ワークチェアー:激安家具・インテリア直販店MyHome

春に事務所を借りてからすぐにひとつ自分用の椅子を楽天で買ったのですが、自宅からお父さんのデスクチェアを持ってきた助手(りぴ)が「腰が痛いー腕がつるー」と愚痴るので、これ使う?といったらそのまま返してくれず、僕がその20年くらい前の会社でよく使われていたような、灰色の事務椅子を使っていたのですが…

さすがに仕事中はほぼ座ってパソコンを使っている環境で、その事務椅子はあまりに馴染まず、新たに椅子を購入しました。

僕の仕事はライティング、あるいは教材をDTPで作ったりするのがメインですから、やはりパソコンで作業しやすいことが椅子に求める一番の機能です。

と言っても、単にパソコンで作業するだけではなくて、やっぱり後ろにおもいっくそリクライニングさせたいんですよね、一息つくときは。

事務所にテレビを持ってきたので、少し休む時にはそっくり返ってテレビを見たり、一応寝泊りはできる事務所なので寝ちゃえる場所も作ってあるのですが、そこまで行かずに軽くシエスタしたい、なんていう時にも、普通のオフィスチェアよりも深い角度でリクライニングできるパソコンチェアが欲しかったのです。

チェア関係は楽天が鉄板

まあ、パソコンチェアは今までの経験でいけば楽天で探すのが一番コスパがいいのです。ニトリやホームセンター、ショッピングモールでもパソコンチェアは売っていますが、価格面がどうしても高くなりがち。

具体的に言えば1万円の予算で買えるパソコンチェアは、ぶっちゃけものすごくチープです。

しかし楽天なら、1万円の予算で結構それなりに多機能で使えるチェアを選ぶことができるのです。

ということで、早速楽天チェックをしてみました。

リクライニング160度の小洒落たチェアを発見

実は前回買ったパソコンチェアは、5000円前後というミニマムな予算で購入しました。価格の割にはいい感じで、いまも助手リピは愛用しているのですが、今回はもう少し予算を多めにして、よりハイグレード(と言っても予算は1万円程度!)のものを見つけました。

こちらです。

どうでしょう?大体のスペックはこの写真を見ればわかりますよね。

特徴はリクライニングが160度と、かなり深いこと。普通のスペックのチェアではここまでリクライニングできません。

160度がどのくらいかというと

こんな感じ。

写真を見る限り、ほぼ、寝られます。

その他は楽天サイトで見る限りはまあ普通。レザー風(価格的に当然合皮ですが)というのもポイント高しです。

心配なのは耐久性と、リクライニングした時に後ろにひっくり返らないかという不安。

実は以前買ったビジネスチェアで、背もたれの部分の付け根がボッキリ折れてそっくり返ったり、リクライニングして少し椅子の上で動いたて何度か後ろにひっくり返った経験があるのです。結構怖いです。

椅子で眠れるチェアが届いた

注文してから3〜4日ほどで届いたと思います。この手の大きな商品はなかなか翌日には届かないものが多いので、まあ、一般的です。土日をはさむと特に。

組み立ては割と手間がかかります。メッシュのチェアと比較すると、厚めの座面、背もたれですから、女性だとやや手間取るかもしれませんし、ひっくり返しながら座面を取り付けたりするのが、どこかに立てかける場所がないと難しいです。

と言っても、普通であれば一時間はかからないと思います。(僕はバイクのメカニック経験があるので、普通の人よりは早いです)

で、完成。

出来上がりがこちら

F1レーサーみたいな赤黒もいいのですが、オフィス用なのでシンプルに白黒にしてみました。色合いはそれほど安っぽくもなくいい感じ。

二ヶ月ほど使ってみての感想はどうなのか?

購入したのが9月なので、かれこれ二ヶ月弱使用してみてのレビューをしてみます。

リクライニングの感じはナイス

リクライニングは座面右横にあるボタンを押して倒します。きちんとスペック通り160度くらいは倒れますし、普通に寝転がる分には後ろにひっくり返ることは今まではありませんでした。

と言っても全開で倒すとそれなりに不安は感じます。どっしりとはしていません。でも多分、よほど動いて重心を後ろにかけなければ倒れなさそうです。

そして「椅子の上で眠る」というテーマですが、実際これまで2回ほど寝てしまいました。熟睡せず仮眠を取るという目的には、とてもマッチした寝心地です。人によっては熟睡もオッケーなのではないでしょうか。

心配な耐久性は?

これは組み立て時の印象ですが、これだけリクライニングさせる割に、座面と背もたれのジョイントの強度にやや不安が残ります。

背もたれを油圧式のシリンダー経由で、ワイヤーで角度を調整するのですが、それ以外に背もたれを支持するのが座面後部の丸い部分に通るボルト左右二本という構造のため、リクライニングさせた状態であまり負荷をかけるとこのボルトが折れてしまう可能性があります。

もう少しちゃんとした構造だったらな、と思うのですが、ボルトが折れるだけであればボルトの交換だけで直せる気もしますので、背もたれの取り付けステー自体が折れてしまうよりはありかもしれません。(修理用のボルトだけ注文できるかは確認していませんが)

これよりさらにグレードアップしようと思うと、予算が倍になり、そうしたところで実際強度が上がっているかは疑問ですので、とりあえずはこのチェアのコスパは満足と言えます。

肝心の座り心地は?

基本的に座り心地は良い方です。ただしややサイズ的には大きめですので、大きめの方向けかもしれません。特にひじかけの位置がやや高めです。この辺りは好みによると思いますが、調整できないのでひじかけが高すぎるのが嫌なら、きついでしょう。

クッション性もまずまずですし、頭と腰の部分にあるクッションも、ただの飾りではなくそれなりに使えます。

ただし、高さ調整が思ったよりも少なく、個人的には一番上まで上げてもやや低い位置になりますので、今は厚めのクッションを座面において位置調整をしています。

もう一つ、リクライニングは後ろ方向だけですから、前のめりにはなりません。パソコンチェアによっては、かなり前方向にも傾けることができ、特にパソコン作業は角度を時々変化させて腰痛を防げることもあり、前のめりにした方が楽になることもあるので、どちらかというと一番前に傾けても、やや後ろにそっくり返った社長さん座り的な状態が標準の角度というのが良くも悪くも特徴となっています。

これも、座面にクッションを置くことで改善できますから個人的には許容範囲内でした。

ということで、何よりコスパを重視した結果のチョイスとなりましたが、予想から大きく外れることなく、基本的には快適に使っております。

この価格のオフィスチェアは、何年も毎日使うというよりは、1〜2年で交換するのが基本となりますから、そんな感じでカジュアルにチョイスしたいという方にはお勧めではないでしょうか。

そうでなく、何年もお気に入りで使えるパソコンチェアが欲しいというのであれば、10万円オーバーの高級ブランドチェアをお勧めします。

あ、予算1万円と言っていましたが、少し予算はオーバーしています。↓↓↓

 

11月11日 20:55
返信 引用 タスク リンク

旬なオススメ記事

-お気にのお買い物紹介

Copyright© ライターによるニュースサイトライターズニュースJP名古屋・東海のイベント情報も! , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.