在宅主婦ウェブライター講座レポート15「主婦ライターデビューして思うこと」

後からじっくり読みたい時ははてなブックマークで!→このエントリーをはてなブックマークに追加

ご無沙汰しております。主婦ライターのcommin(こみん)です。

前のブログから一週間ほど経ってしまいました。

ブログ毎日更新を目指しているのにこのありさまです。反省です!

 

主婦ライターとして活動をしているのですが、正直子供がいなければ主婦業とライター業は難なくこなせます。

もちろん子供さんがいてライターをしてらっしゃる人はたくさんいて、めっちゃ稼いでる人もいます。本当にすごいです。

 

現在私は子供がまだいないので、朝に旦那さんのお弁当を作り、見送ってから洗い物、洗濯、掃除などをして夕飯の買い物が済めばあとはライター業の時間に費やせます。

 

しかし私はかなりの生理前症候群(生理前に起こるホルモンバランスが崩れてだいたいの時間はイライラしてしまう現象)をもっているのと、実は多少の精神疾患を持っています。

 

この生理前のホルモンバランス総崩れで起こる情緒不安定さと、精神疾患で不安定になるのが重なったらもうほとんど何もできなくなるので、これからの私の課題はこの体調不良とどう戦っていくかになっています。

 

昔はこんな自分が嫌で普通の人のようになりたいと思い、色々薬を試して完治を目指していました。

しかし今は、ありのままの自分を受け入れて、今の状態のままでどうやったら楽に生きていけるかという事にシフトチェンジして生きています。

 

そうすると、体調不良を何が何でも治したい!と思っていた当時と比べるとだいぶ楽になりました。

 

私の精神疾患は、対人恐怖症に似た症状でした。以前働いていた会社では、上司の人とうまくいかなくなるともう会社に行けなくなったりしたのです。

 

もう私は社会で働いていけないかもしれない、社会不適合者なのかなーなどと思っていて、引きこもりになった時もあります。

 

しかし、私は運よくライターという仕事に巡り合ったのです。

外で働く勇気が出なくて、在宅ワークの仕事を探していた時の事でした。

これならできるかもしれない、と思い情報を色々調べて、今の原先生のスクールにたどり着きました。

スクールの金額は安くありませんでしたが、早く結果を出したかったし、何よりライターという仕事にとても興味をもったのです。

ワクワクできるような仕事をして、毎日を楽しく過ごしたいと思ったからです。

 

そして今、原先生やりぴさんに指南してもらいながら少しですが成果を上げる事ができています。ありがとうございます。

 

普通に外で働かないと、社会人としてどうなんだろう…などと考えていた時期もありましたが、そんなことは全然ないと思いました。

なぜなら、自分の得意分野を生かしてちゃんと成果を上げれているからです。

ライターをすることで、自分の自信にもつながりました。

 

これからも自分の弱い部分が出てきて仕事が思うようにはかどらない時もあると思いますが、それでも継続してがんばっていきたいと思います。

 

今回のブログは私の話ばかりになってしまいましたがすみません、次はまた執筆活動について書いていきたいと思います^^

原久鷹より

今日も原稿チェックしましたが、ウェブライターで単価1文字1円のレベルは 軽くクリアできるようになっています。あとは、コンスタントに仕事を受注できるようになり(これはライティングスキルとはまた少し別の能力かもしれませんが、そこも含めてサポートしますね)、継続案件が増えていけば、当初の目標月額5万はそれほど遠くありません。コンスタントに仕事を受ければ、多分1日4時間程度のライティングで月額10万もクリアできるはずです。(りぴもそうしてきましたから!)

確かに安いスクールではないですが、多分他のスクールでウェブライターとしてここまで実践的に仕事を受け、こなすレベルを一気に上げられるスクールはないんじゃないかなと自負しています。あと、合宿で三日間普通に一緒にいましたけど、精神的にも全然問題ないという印象でした。(余談ですが僕、大学は心理学科です。あとほぼ治っていますがパニック障害持ちですし、いまどき精神的に何もないっていう人の方がおかしいと僕は思っています)

何はともあれ、金銭的にまずスクールの料金の元を取ってもらうのが、僕の最大の目標です。そこを回収できればあとはこみんさん丸儲けですから!

ちなみに、こみんさんの受けてるスクール(というよりニュアンス的にはマンツーマンの家庭教師ですが)の詳細はこちらから見ることができます。現在1名限定で募集中です。



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク