WEARのフォロー、フォロワー、ブロックの関係とは(勝手にフォローされるとどうなるか)

後からじっくり読みたい時ははてなブックマークで!→このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトでは継続的にファッションコーディネートアプリ「WEAR」の情報を発信しています。

記事一覧はこちらから

さて今回は、WEARのSNSとしての仕組み、フォロー関係について説明していきましょう。



WEARのフォロー関係とは

SNSでのフォロー関係は、いくつかの種類があります。

例えばTwitterでは好きな相手をフォローして、フォローを返されたり、あるいは片思いの状態でフォローしていたり、逆にフォローされたりします。

Instagramのフォロー関係もTwitterとほぼ同様。

Facebookでは友達関係になるにはお互いの同意が必要になります。ただし、一方的に相手の投稿を自分のニュースフィードに表示できるフォローという関係もあります。

さて、ではWEARはどうなっているのか。

WEARではTwitterなどと同じように、お互いに許可する必要なく相手をフォローできる仕組みとなっています。コーデを気に入った相手を見つけて、その人のプロフィール画面を開けばすぐにフォローが可能となります。(もちろん、気に入らなくてもフォローは可能です。)

フォローされると、通知画面に誰からフォローされたかが表示されます。それを見て、フォローしてきた相手のコーデに興味があればフォローバックできます。

相手のプロフィール画面を見れば、その人が自分をフォローしているかどうかは一目で確認できますので、フォロワー管理も手間さえかければそれほど難しくありません。

アップしたコーデは誰でも見ることができる

実は「WEAR 勝手にフォローされる」という検索語でこのサイトを見てくださる方がたくさんいらっしゃるので、今回この記事を書いているのですが、これだけ検索されているということは、WEARで勝手にフォローされて戸惑っている方が多いということなのでしょう。

特に女性ユーザーの方が、このような不安を抱えているのではないでしょうか。

WEARには一般的なSNSに用意されている、限定公開・鍵付き、という公開の方法がないため、アップしたコーデ写真は誰でも見ることができてしまいます。これはWEARユーザーだけでなく、パソコンやスマホのブラウザーでログインなしで見ることができますから、例えば「あなたのハンドルネーム+WEAR」でGoogleやYahoo!で検索すれば、コーデ写真が表示される可能性があるわけです。

例えばこんな感じ。hyssa wear

ですからWEARを楽しむのであれば、このように自分の写真が誰でも閲覧可能な状態になっているということは覚えておきましょう。

コーデを「非公開」設定するという方法もありますが、これは逆に「誰も見られない」状態にするということなので、自分だけの備忘録、あるいは一時的に公開を停止する以外の使い道はなさそうです。

ほぼ役に立たないブロック機能

さて、では勝手にフォローしてきた不審と感じるユーザーから身を守りたいときはどうすればいいのでしょうか。

一般的なSNSなら「ブロック」することで、ブロックした相手は自分の投稿を見られなくなるわけですが、残念ながらWEARでブロックしても、ブロックした相手はあなたのコーデの投稿を普通に見ることができるのです。

ここがある意味WEARの「特殊性」ということができます。

さらに、見られるばかりでなくなんと「いいね」「お気に入り」もでき、なんとフォローも可能なのです。

もっともっと言えば、フォローされることも問題なくできてしまいますので、よく知らない相手がフォローしてきて気味が悪いからブロックしても、フォローが解除されることもなく、ブロックすることがまったく無駄なのです。

このことを知らないと、どんどん不気味になってしまいますよね。でも、WEARではそれが普通なのです。

ではWEARのブロック機能は一体どんな役割を果たしているのか。

それは、自分の投稿にブロックした相手がコメントできなくなる、というのがブロックの役割なのです。

それだけです

ちなみに、自分がブロックした相手の投稿も当然ながら見ることができ、いいねやお気に入りすることもできてしまいます。

見たくない相手をブロックしておけば大丈夫と考えるのは、WEARにおいては間違いなので気をつけて下さい。

勝手にフォローされることを拒絶できない

ということで、WEARではほぼ相手を拒絶できないという仕組みになっているということを覚えておきましょう。

WEARのSNSとしての立ち位置については、あくまでも個人的な印象として別記事を用意していますのでよろしければご覧ください。

ファッションSNS「WEAR」は本当にSNSなのかを考察してみた



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク