ライター養成日記

主婦ライター成長日記14「時給500円ってしんどいですよね…」

投稿日:

SPONSORED LINK

記事単価1.1円のお仕事の納品が完了しました。

健康食品の記事で、ボリューム的には2000文字以上×5記事だったのですが、慣れない記事内容だったので執筆の時間がかなりかかってしまいました。

結局完成させるのに3日間くらいかかり、時給に換算すると500円ほど…

しかもかなり集中して書いたので、次の日からは疲れ切って何もできなかったという、なんとも非効率な感じだったのです。(家事も若干さぼってしまいました。笑)

こんなやり方してちゃあ、続かないな…と思って反省しました。

そこで、なぜこんなに時間がかかったんだろうと考えてみたのです。

時間がかかった原因はこれだ!

考えた結果、このような原因が思い浮かびました。

  1. リサーチ時間がかかりすぎた
  2. 構成がブレる
  3. 記事のボリュームを広げるのに時間がかかりすぎた

と、まぁこんな感じです。

1の「リサーチ時間がかかる」と、2の「構成がブレる」のは結構毎回あります。

ダメじゃん、と思いますが経験を積む事で恐らく、今後慣れてくるんじゃないかなと思っています。

今回は③の「記事のボリュームを広げるのに時間がかかった」という事について書きます。

 

ネタが少ないとツラい

これはどういうことかと言いますと、そもそもこの健康食品に関する情報が非常に少なかったのです。

情報が少ないし、どの情報サイトを見ても同じような事しか書かれていなかったから、簡単には2000文字以上が埋まらなかったんです。

だから自分なりにこの健康食品の話題を広げながら記事を書かなければならなかったので、かなり苦戦しました。 

例えば、

この健康食品は、健康の他に美容効果もあります

その美容効果があるのは食品の中にある○○という成分のおかげなのです。

○○という成分には肌の△△を防ぐ効果があります

さらに代謝機能も上がるので××という臓器が元気になって◎◎作用が…

…、……

 

と言う風に文章を書いていくのですが、

「えーと、この成分には肌にどんな効果があるんだっけ…(検索、検索…)」

「△△を防ぐと最終的に肌にどんな影響があるんだっけ…(検索…検索…)」

「代謝機能を上げると…えーーと…(検索…)」

あかん!!!

こんなんいちいち検索してたら時間がどんなにあっても間に合わん!!

と思いながらやっていました。

ふだんだったら、ここまで書けば十分だろうと思っても、今回はそれだけじゃあ2000文字以上が埋まらないので、もうちょっと内容を掘り下げて書く必要がありました。

しかし健康食品の公式サイトを見ても、ざっくりした美容効果しか書かれていなかったので、詳しく書こうと思うと成分がどんな働きをするのかを調べなきゃいけなかったんですよね。

以前、エステ記事を書いていたので美容の成分や効果に関しては結構覚えてたつもりでしたが、いざちゃんと記事にしようと思ったらうろ覚えの知識をつらつらと書くわけにもいかなかったのです。

しかも私は性格的にかなり物事にめり込んでしまう傾向にあるので、夢中で調べてたら「もうこんな時間?!」という事がしょっちゅうあります。

さらに、その行動が体に負担をかけてる事を自覚してないから、だいたい次の日はドッと疲れがきて寝たきり状態になります。

悪・循・環!!!

今後は執筆する時間をきっちり決めて(いや、初めから決めてはいるんだけど…)効率的なライティングをしていきたいですね。

すかした写真で恐縮です。こういう写真もキャラクターを売る際には大事なんです。

原久鷹より

お疲れ様でした。慣れない内容を書くの、大変ですよね。また同じテーマでかければその時は早くなるのですが、そういう機会が来るかどうかは運次第(笑)

といっても、手抜きライターさんは同じこと繰り返したり、冗長な文章を書いても字数稼ぎしたりもするのですが、きっちり中身を充実させて文字数クリアしているところは、誠実です。誠実さが、ライターとしての質と将来的な単価アップに繋がりますから、大局的に見ればいい経験だったと思います。(もちろん僕も原稿読んでます。講座の添削として!)

疲れるのは、慣れ、で解決できます。慣れ、というのは探しものや調べ物の効率化ですね。

なんにしても経験を積むことが、スキルアップの一番の道ですからこれに懲りず、ガンガン突っ走っていきましょう!

comminさんが受けているスクールの詳細はこちらから読めます

Follow me!

投稿者プロフィール

commin(こみん)
commin(こみん)
兵庫県神戸市出身
夙川学院短期大学美術科卒業。

■短大でビジュアルデザインを学びその後ショッピングモールの販促物やポスター制作、WEB通販サイトの画像制作担当などを経験。

デザイン系の仕事にとどまらず、事務員やアパレル接客、飲食、郵便局員、工場ライン、日雇いなどさまざまな仕事をしてきました。

その後結婚し、主婦業へ。
家事をしながら在宅ワークをすると決め、Webサイト運営をしていた時のスキルを生かせるWebライターの仕事を選びました。
現在は、書籍執筆やWebライティングの師匠原久鷹氏のもとでライティングを勉強しながら日々精進中です。

旬なオススメ記事

-ライター養成日記

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(原久鷹ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.