アンチエイジングの意味は正しく理解していますか?アラサー女子必見!老化の原因はここにあった!

20代後半になると、「そろそろエイジングケアとかしていかないといけないかなぁ」と思い始める女性は多いはずです。

私もアラサー女子の一員なのですが、20代前半から使っているスキンケア用品が肌に合わなくなってきた頃が、エイジングケアのスタート時期かな?と思っていました。

女子会を開くと、ことあるごとに「アンチエンジング」という言葉が飛び交うのですが。

「アンチエイジング」の本当の意味って、そう言えば知らないかも、とふと気がつきました。

正しい意味を知らない=正しいケア方法に繋がらない

ということですよね。

ということでさっそく調べてみました!アラサー女子の方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

アンチエイジングの正しい意味は?

アンチエイジングというと、老化を止めることだと思っている人も多いはずです。

エイジングケアをすると、若々しい身体がキープできるというイメージがあるため、老いが止まることだと勘違いしやすくなるのですね。

アンチエイジングの正しい意味は「老化を止める」ではなく、「老化を防止する」または「老化のスピード」を遅くするという意味です。

「アンチ」には「反対」、「エイジング」には「加齢」という意味がありますから、加齢に逆らう、みたいなイメージでしょうか。

決してエイジングケアをしたからって、そこから老けることがなくなるわけではないのです。

考えてみれば、ご高齢でも肌がピチピチで身体も元気な方はいらっしゃいますけど、20代からほとんど変わっていない、なんて人はいませんものね。

スピードを遅くすることはできますが、老いは止められないということです。

スポンサーリンク

身体はどうして老化してしまうの?

老化を防止するためには、老化の原因を正しく理解していないといけません。

原因を知って、それに対してなんらかの対策をすることで初めて「防止」できるものですからね。

なぜ身体は一定の年齢に達すると、老化の道を歩んでしまうのでしょうか?原因は3つあります。

1.身体の酸化

シミやたるみは「活性酸素」と呼ばれる物質が原因でできるものです。この活性酸素は加齢とともに量が増えていくため、年齢が進むとシワ・たるみが増えていきます。

2.ホルモンの減少

「老い」に関係するホルモンには4種類あるのですが、加齢とともにその分泌量が変わってきます。若さを保つ2種類のホルモンが減少し、老化を進ませる2つのホルモンが増加するため、身体は老化の道をたどるのです。

3.メンタルが不安定になる

20代の頃ももちろんたくさんのストレスを抱えていますが、結婚や出産をすると生活のスタイルがガラッと変わるため、より多くのストレスを抱えるようになった、という人も多いものです。

ストレスは気がつかないうちに蓄積されていることもあります。上手く適度に発散している人は良いですが、ストレスも老化の原因となるので注意が必要です。

子育てで悩みを抱える、結婚生活がうまくいかない、などの悩みでメンタルが不安定になると、身体もどんどんと元気がなくなり、老化が進んでしまうことがあります。

スポンサーリンク

エイジングケアは早めにやるのがベスト!

アンチエイジングとは、老化のスピードを遅くすることなので、アイジングケアはできるだけ早めに行うことがコツです。

エイジングケアを始めた時から老化が遅くなっていくわけですから、始めるまでは老化は普通のスピードで進んでいるということになります。人によってはスピードが早いかも知れません。

シミやシワ、たるみができてしまってから改善するのは大変です。体力も落ちてしまったところから上げていくのは辛いですよね。

そうならないためには、衰えを感じる前に何か対処をしていくことです。

サプリメントや、コスメなどエイジングケア用品は色々とありますので、どれか一つでも良いので試してみてはいかがでしょうか。

シミ、たるみ、ほうれい線などの悩みにおすすめな美容液にシグナリフトというものもあります。

色々つけるのがめんどう!という人はこれ一つでOKなので便利です。

次回は「アンチエイジングのコツ」をご紹介する予定ですので、よろしければまたチェックしてみて下さいね!

アンチエイジング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
りぴをフォローする
ウェブライタースクール発信ニュースサイト名古屋、東海のイベント情報も