フリーランスになって手に入れたものとは?OLからウェブライターになった私がこの9ヶ月間で得たもの

時間が経つのは早いもので、OLを辞めて本業としてウェブライター活動をするようになって9ヶ月が経ちました。

一年前はブラック企業でストレスを抱えながら仕事をしていたことを考えると、今は本当に充実した幸せな日々を送っているなと感じます。

もちろん楽なことばかりではなくて大変なこともありますが、それでも前職に戻りたいと思ったことは一度もありません。

事務所を構えて仕事をするようになって、もうすぐで半年が経ちます。一つの節目として、「フリーランスになって手に入れたもの」を振り返ってみることにしました。

フリーランスを目指している方、ライター活動を始めたばかりの方の何か参考になれば幸いです。



自由な時間を手に入れた

フリーランス最大の魅力は「自由な時間」ですね。

OLの時はサラリーマンなので、朝8時から17時半までは拘束されていましたし、残業代が出ずに19時頃まで仕事をしている、というのが当たり前でした。

もちろん休日も自分で決めることはできません。有給休暇はありますが、仕事との兼ね合いがあるので「好きな時に休める」というわけではないです。

体調不良で休む時は、その理由を細かく説明しなければならなかったので、ゆっくり身体を休める、なんてことはできない日々でした。

会社に雇われているので仕方がないことですが、「自由がない」という気持ちを常に抱えていましたね。

でも、フリーランスは自分で仕事の予定を組むので、時間も日にちも自由に決められます。

休みたいな、とか出かけたいなと思った時は、少し仕事を調整するだけで、すぐに出かけたりお昼寝をしたりということができるのがとても気持ち的に楽ですね。

もちろんクライアントに迷惑をかけることはできませんので、納期があるのに予定を入れる、ということはできませんが、夜遅くまで頑張れば調整ができるということも多いです。

混雑を避けてイベントにも参加できますし、旬の食べ物をいち早く食べに行くこともできます。夜遊びしてしまっても、多少の寝坊も許される。(主婦の方だと難しいかも知れませんが)

誰にも縛られない自由な時間を手に入れられる、というのが最大の魅力だと私は感じています。

自分が頑張った分だけ収入を増やせる

前職はもちろん固定給なので、月収は毎月ほぼ同じです。事務職だったので、どれだけ仕事量が多くても残業はほぼ付けてもらえませんでした。

年に一度の昇級もありますが、とても少ないので保険や税金が上がると「スズメの涙」程度の金額にしかなりません。

「決められたことをやればボーナスは満額支給する」

ということを常に言われていましたが、何をやってもボーナスは上がらず。勤続年数が増すごとに、「決められたこと」が現実的な業務ばかりでした。

10年、20年働いたところで、一体いくら貯金ができるの?と考えたら、頭も痛いしやる気もなくなる日々でしたね。

会社が自分を守ってくれる(私の会社は最低限でしたが)代わりに、「稼げる仕事」ではありませんでした。

でも、今のライター業は違います。自分が頑張った分だけ収入を増やせますし、限りもありません。経済関係も自由なんです。

もちろんやらなければ収入はゼロなのですが、努力すれば月100万稼ぐことだって夢ではありません。

そう考えると、やりたいことや欲しいものなどの欲が出てきますし、仕事に対してのモチベーションが上がります。

生きていく上で、欲はとっても大切。それがないと、何をしてても楽しくなくなってしまいますからね。

ライター業を始めてからは、毎月「目標売上金額」を設定しています。それを達成する度に充実感と満足感を得られますし、「来月はもっと頑張ろう!」と前向きになれるので、ネガティブ思考(だったんです)も少しずつ良くなってきました。

「限界まで頑張ったら、一体いくら稼げるんだろう?」と考えると、毎日わくわくしちゃいます。

人間関係が自分で選べる

組織の中で仕事をしていると、

「この人とはちょっと合わないなぁ…」

って思うことってよくありませんか?

かといって、そんなことを理由に会社を辞めるわけにはいきませんから、ひたすら耐える日々です。

極力接触しないようにできれば良いですが、同じ事務所の中だとそうもいきません。

私も前職では苦手な社員がたくさんいました。ちょっと変わった人たちの割合が高い会社だったので(周りの人からも変な人多いねと良く言われました)、仕方がないとは言え、結構なストレスに。

でも、この仕事を始めてからは、人間関係のストレスがグッと減りました。フリーランスは基本一人でお仕事ですから、集団行動ではありません。(師匠はいますが)

人間関係と言えば、メールやビデオ通話などでクライアントと会話するぐらいです。

「合わないな」と感じた時はお仕事をお断りすれば良いだけですし、やりやすい環境を自分で作り出すことができるんですよね。

「引きこもり体質+一匹狼タイプ」にはぴったりな仕事環境です。

何が何でもその人と仕事をしなきゃいけない、という決まりがないということは、結構なストレス軽減になるもなんだと改めて気がつきました!

人生設計が自由真面目に考えるようになる

OL時代は組織の一部ですから、

「結婚して子供ができたら産休取って、共働きをしておばあちゃんになっていくのかなぁ」

なんて考えていました。

私は所属先の部署のリーダーをやっていたので、このまま昇進できたらいいな、と考えている時期もありましたが。

普通の中小企業に勤めていると、この人生しか選択肢がないんですよね。結婚が早いか遅いか、または一生独身かの違いぐらいで。

「このまま年老いていく人生でいいのか?」

と5年ぐらい考えていました(長い)

いざフリーランスになると、全ては自分次第ですから、将来について真面目に考えるようになります。

何歳ぐらいで何をして、そのためにはいくらぐらい必要で、さらにそのためには今何をしなければいけないか、という人生設計を自分でしていくようになりました。

その人生設計も自由自在

「猫が飼いたいな」

と思ったら、ペット可の場所で一人暮らしすれば良いですし、それだけ稼ぐ計画を立てれば叶えられます。

「海外旅行に行きたいな」

と思ったら、その分月の収入を増やしていけば良いだけです。お金さえあれば解決します。

  • 大きい家に住みたい
  • 都会で暮らしたい
  • 部屋をうさまるだらけにしたい
  • 叙々苑の焼肉ランチを毎月食べたい

どれも自分の頑張り次第で叶えられるのです。OL時代の私では100%無理な夢でした。(断言できます)

もちろん自由を手に入れることは、良いことだらけではありません。

OL時代とは違った不安はたくさんありますし、初めのうちは税金が高いし(OL時代のせい)、クレジットカード一つ作るのも大変な時だってあります。

上手くお仕事が取れなくて売上げが心配になったりもします。

一人で一から仕事をしていくのって、自由だけどものすごく大変な部分もあるんですよね。

でも、私はそれ以上に得たものがたくさんあるので、おそらくフリーランス以外では働きたくないな、と思ってます。

もともと集団行動が苦手なので(笑)

右も左も分からないヒヨッ子だった私が、自由奔放にキラキラとした毎日を送れているのは、もちろん「師匠」がいつも側でサポートしてくれているからです。

師匠には本当に感謝をしております(ペコペコ)

とは言っても、まだまだヒヨッ子レベルの私なので、立派な白鳥(笑)になれるように、これからも迷わず突き進んでいきます。

ライター初心者の皆様、一緒に頑張りましょう!



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク