ライティングセミナーの合宿?を実施しました。

今回、このサイトのメインである「原久鷹ライター養成講座」を現在受講しているこみん(commin)さんを、僕のオフィスにお呼びして2泊3日の「合宿」をしてみました。

合宿といっても、オフィスに僕(およびりぴ)が住んでいるわけでもないので、こみんさんが一人で泊まり込みしているわけですが。



1日目はランサーズの案件チェックと提案の方法を実践で

で、何をしたかといえば、まずはランサーズでの案件をチェックして、「提案」する方法。

これは主に、どんな案件に提案すればいいのかという探し方のポイントと、提案する内容(さらにはそれ以前の自分のプロフィールの作成方法)を、実際に僕の目の前で詰めていく、というもの。

とは言っても、ランサーズに関しては実は僕よりもりぴのほうが詳しいので、ほぼ任せっきりで指導してもらいました。

2日目は、ライタースキルの向上

しかしこれも、こみんさん、すでに僕の課題をかなりこなしてきて、そのつどチェックしていますので、かなりスキルは上がっています。ランサーズで言えば、認定をとってそれなりに活躍しているライターさんと、同レベルになっているといってもいいかと思います。

ですから、今回のテーマはスピード。

実際にライターとして仕事を受ける際には、稼ぎの金額を考えると書くスピードはそれなりに重要です。

ですから今回は、1記事を1時間で書く、という課題にチャレンジしてもらいました。

結果、3つの記事を4時間程度で書き上げることができました。

これは、スキル云々というのもありますが、一度体験して「できた!」と実感することで自信がつく、という価値があります。

最後にWordPressの納品方法

最終日は、本来は1日目に提案したランサーズの案件を実際に書き、納品するところまでをやりたかったのですが、残念ながらこの日まで提案の返事がなかったため、それは保留。

代わりにランサーズの案件の中でもネックになりがちな、WordPressでの納品の仕方を指導しました。

実は僕、WordPress書籍の著者でもあるので、これは得意分野。

一般的な無料ブログを使っていればできずはずなのですがどうしてもWordPressというと身構えてしまう人も多く、ぱっと見面倒な項目がたくさんあったりする場合もあるので、ポイントをしっかりお伝えしておきました。

もちろん、合宿後にまた分からないことがあれば、いつでもお返事知るのですが。

提案が通った!(しかも単価1.7円!)

3日目の15時くらいに合宿を終え、こみんさんを最寄り駅までお送りしたのですが、その帰路の途中で嬉しいお知らせが。

「合宿中にランサーズに提案した案件が通りました!」

とのこと。単価も1文字1.7円の案件ということで、ランサーズデビューのものとしてはかなり高単価のものをゲットできたようです。

指導した子をと素直にきっちり遂行すれば、こういう嬉しい結果を出すことができる、良い事例となりました。

あとは、仕事の進め方のペースを、クライアントとの信頼関係の作り方を学んでいけば、ご自身が希望している収入よりもはるかに稼ぐことができるんじゃないかな、と期待しています。

現在スクールは1名様だけ募集しています。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

合宿後のインタビューも参考になるはずです。



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク