ランサーズ(Lancers)活用

ランサーズではどんな案件を探せば(提案すれば)良いのか?

更新日:

SPONSORED LINK

期間限定公開記事です

ランサーズに関する記事は、前回りぴがアカウントの登録方法をまとめてくれましたが、皆さんアカウント、作ってみましたか?

次に、じゃあランサーズに登録してから、何をすればいいかといえば、それは仕事(案件)を探すことです。

SPONSORED LINK

この案件の探し方は、また追ってりぴが記事にしてくれるはずです。(頼んでいるんだけど、忙しくてまだ手が回らないらしいです)

(追記:頑張って書いてくれました。かなり詳細にわたって書かれているので是非ご覧ください。こちらをクリック>>

ですから今回は、さらにその先、

「どんな案件を受ければいいのか」

について書いて行こうと思います。

ランサーズにはどんなライティング案件があるのか

ランサーズの中の、ライターに対する依頼は、実に様々な種類のものが掲載されています。

しかし、一つ言えるのは「高単価、高額の案件はほとんどない」ということです。

ここでいう高単価、高額案件というのは、1文字1.5円以上の案件と考えてください。

1円までは、探せばまだ見つかります。しかし、それを超える単価のものはとんどありません。

では、逆に単価の低い案件はどうでしょうか。

単価が低い案件とは、1文字0.5円以下の案件としておきます。

というか単価の低い案件は際限なく低い金額のものがあります。

例えば「1500文字で300円」という単価です。探してみればわかりますが、もっと安いものもたくさんあります。「1500文字で300円」としても、1文字単価で計算すれは300/1500=0,2円です。

この程度の案件なら比較的容易に受注できるはずです。

しかし、0,2円といえば、1円の1/5です。つまり同じ金額を稼ぐために、1円の仕事の5倍働かなくてはならないということです。

これは何を意味するのでしょうか?その前に一つチェックしておいて欲しいことがあります。

時間あたりにかける文字数をまず把握する

まずは自分が1時間にどの程度の文字数が書けるかを知っておきましょう。そのためにはまず、テスト的に自分のブログで何かを紹介する記事を書いてみると良いでしょう。

おそらくプロのライターは1時間で数千文字の文章を書きます。スピードは人によるでしょうが、ある程度できるライターであれば、最低でも1000文字は書けるはずです。早い人なら3000〜5000文字という方もいるかもしれません。

まず目指すのは1時間に1000文字書けるようになることです。当然ですが、常に文字数をカウントできるアプリを使って原稿を書く習慣をつけましょう。文章を書くことイコール「文字数」という概念を持つことが、プロのウェブライターへの第一歩です。

まずは1文字1円の仕事受注を目安にしよう

さて、では、結論から先に言ってしまいましょう。

ランサーズでどんな仕事を受ければいいかの結論は、まず1文字1円の仕事を目安にして案件を受けることをお勧めします。

現実的には、始めたばかりであれば0.7円以上、と設定しても良いでしょう。1円の仕事は希少ですが、0.7円くらいまで落として探せば、1円を探すよりは見つけやすいはずです。

ただし、見つけたところでその仕事に「提案」しても、必ずしも採用、受注されるかといえばそうとも限りません。あまりに受注できないようであれば、さらに単価を下げて探す必要があるでしょう。

なんらかの仕事を受けなけれな、話が進みませんから。

せっかくですからコンビニでバイトするよりは稼ぎたいですよね

まだランサーズで仕事を受注していない方は、イメージがしにくいかもしれませんが、ランサーズで一般的に受けられる最大の単価がこの単価「1文字1円」です。正直、あまりありません。

しかし、「時給」と考えてみた場合、1000文字を1時間で書いた場合、単価1円でようやく時給1000円ということになります。

これが1文字0,2円だと、同じ条件で時給は「200円」になってしまいます。さすがにこの労働基準法を下回る時給では、仕事として成立させるのが非常にハードになります。

稼ぐ方法としてライターを選択しても、あまりに低い儲けではライティングへのモチベーションをキープするのさえ難しいでしょう。

さらに計算していけば、1日に12時間フルに働いたとしても、1文字0,2円では2000円しか稼げません。30日フルに12時間ずつ働いて(個人的には無理だと思います。これだけの時間ずっと書き続けるのは)、月給6万円です。

もし1文字1円の仕事をこのペースでこなせば、収入はその5倍、月収30万です。

参考までに、プロのライターとしてまずまずの良い単価と言えるのが、1文字5円程度の仕事です。これであれば、先ほどの計算通りの時間書き続けることができればさらにその5倍、月収150万という計算が成り立ちます。

これが多いか少ないかは、人によっては違うでしょうが、1文字1円で時給1000円稼げれば、外に出てコンビニでバイトするよりは効率良く稼ぐことが可能となります。

ですからまずは、そこを目指してください。

調べ物、チェック、修正の時間も計算して時給1000円以上を目指す

しかし、1文字1円の仕事を、1時間で1000文字書くのは、実は簡単なことではありません。

なぜなら、ライティングという仕事は文章を書くだけだと思っていたら、それは間違いだからです。

一本の記事を書くためには、構成、リサーチ、ライティング、校正という工程が必要です。さらに発注元からのチェックや、受注の際のやり取りもあります。

一つ例をあげれば、今筆者の隣でランサーズの記事を書いているりぴが、前に提案したとあるテーマの記事の内容のやり取りをしているのですが、どんな記事を書くのかを提案してくれということでいくつか提案しているのに、5回以上やり取りしてもまだ決まらない、と嘆いています。

そこで筆者は申し訳ないけれど、スタートするまでに直がかかりすぎているので今回は辞退させてください、と連絡するように彼女に伝えました。

ライティングの前段階であまりに手がかかる案件は、おそらく納品した後も修正などの手間がかかり、結果として時給計算した場合の単価がバカみたいに安くなってしまうからです。

このように、ライティングには書く以外に時間を食われる工程があることをきちんと理解して、その上で「時給1000円」を超える案件を受注する必要があります。

今回は案件の選び方というよりも、どの程度の金額の案件を受注すればいいのかについて書いてきました。

案件の選び方はまたりぴが、実際に自分の今やっている方法(もちろん筆者がアドバイスしながらですが)を説明してくれるはずです。と、地味にプレッシャーをかけておきます。

興味があればライティングマスターコースをご覧ください

と言ってもなかなか実際に自分で試してみないと、感覚がつかめないのも事実です。

もしそのステップを、少しのお金を使って一気に飛び越えたいのであれば、筆者がそれをサポートするライティングコースを選択するという手もあります。

SPONSORED LINK

なかなか申し込みがないので、そろそろ値上げしようと思います。(こういうのって、値段が安ければ申し込まれるというものでもないんですよね)

高額の情報商材はいろいろありますので申し込みが慎重になるのはわかりますが、今回のコースは情報商材ではありません。

じゃあなんだ、と言われると、一言では説明できませんが、まあ、家庭教師のようなものです。地元でない方は、オンライン対応になりますが。

よろしければこの画像をクリックして、詳細をお読みください。

また、定期的にこのような情報を、メルマガ専用の内容で発信することにしました。

あまりオープンにはしにくい、シークレットな内容でも、メルマガではかけちゃいますからね。

いまなら、ライターとして成長するためのたった3つの方法という特典資料プレゼントしています。

<<CLICK

Follow me!

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-ランサーズ(Lancers)活用

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(原久鷹ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.