メルカリ活用

こんな時はどうする?メルカリの出品・購入トラブルQ&A

更新日:

SPONSORED LINK

フリマアプリのメルカリでは、素人同士のやりとりが基本となります。

業者のように利益を求めるのなく、基本的には「いらないものを売る」わけですから、安く欲しかったものが手に入るのがメリットですが、逆に素人同士の取引だからこそ、トラブルに発展するケースもあります。

ここでは、筆者の実体験を含む、メルカリでのトラブルの事例と、対応法や、回避する方法を説明していきましょう。

SPONSORED LINK

評価のトラブル

相手に「普通」「悪い」の評価をつけられないようにできること

筆者ケースでも「普通」評価をいくつかつけられてしまっています

通常のオークションと同様、メルカリでも出品者(出品)に対しての評価がつけられ、新たに商品を購入する際には、出品者の評価を見て購入が判断される場合もあります。

当然ですが、あまりに「普通」や「悪い」の評価が多い出品者との取引は、何らかのトラブルが起こる可能性が高まりますので、取引を避けたほうが良いかもしれません。

メルカリの評価の仕組みは、

  • 購入者が商品を受け取り、中身を確認してから「良い」「普通」「悪い」の三段階で出品者を評価して、受け取り通知をする。
  • 購入者の評価が終わると出品者に通知され、次に出品者が購入者を評価する。なおこの時点では、自分がどのように評価されているかは確認できない。
  • ヤフオクなどと異なり、いったんつけた評価を後から変更できない。

という流れになります。

メルカリでは「良い」以外の評価が多いと敬遠されがちになりますので、できればすべてを「良い」と評価して欲しいものです。

しかし、慣れない相手だと何のトラブルもなく取引を完了しても「普通」の評価をつけられてしまう場合もあります。これはおそらく「問題なく普通に取引が終わったから、評価は普通」と考えているからではないかと思われます。

自分が相手を評価する際には、相手の評価が確認できない状態ですから、もし取引中に何か気になることがあったら、相手が評価する前に取引メッセージで確認しておきましょう。これは出品者、購入者の両方に言えることです。

万一相手に「普通」や「悪い」とい評価をつけられてしまうと、それを後から変更してもらうことができませんので、評価の前に取引メッセージでしっかりとコミュニケーションを取っておくことが非常に大切になります。

筆者ではありませんが、聞いた話では「メッセージのやり取りが少なく寂しかった」という理由で、取引自体は問題ないのに「悪い」評価をつけられてしまったという実例もあります。

評価のためだけではありませんが、メッセージをできるだけ早く、きちんと返信することもメルカリでは重要なポイントとなるわけです。

出品者の立場でのトラブル

コンビニ入金がされない

出品者としての立場でよくあるトラブルが、コンビニ払いで支払うという購入者が、なかなか入金してくれないというケースです。

メルカリのシステムでは、コンビニ払いを指定した場合、購入日から二日後の午前0時までが支払期限となります。そのため、期限までは支払を待たなければいけない場合もあります。

期限を過ぎたら、その購入者の小丹生をキャンセルできるようになります。

基本的に期限を守らない購入者は、再度購入してもまたそのまま放置する可能性が高いので、同じ人が購入しないように気をつけたほうが無難でしょう。

受け取り評価がされない

メルカリでは商品代金を出品者が受け取るためには、こうにゅうしゃが商品を受け取り、評価してくれるまで待たなければなりません。購入されただけでは、代金は受け取れないのです。

そのため出品者としては、購入者に商品を届けるだけでなく、きちんと受け取り評価をしてもらいたいのですが、ルーズな購入者は商品が届いたのになかなか評価をしてくれない場合もあります。

このような時は、取引画面から評価をしてほしいことをメッセージで送信しましょう。ただし、あまりに急かすような内容ですと、相手の心証を害し、時には逆ギレされてこちらの評価を落とされる可能性もありますから、文面は穏やかにするよう注意が必要です。

メルカリの規約では、受け取り評価がされない場合の対処として以下のように書かれています。

  • 発送通知をした8日後13時以降
  • 購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降

であれば、取引画面に事務局に評価を依頼するフォームが表示されるので、そこから事務局に連絡して解決できるようです。

また、本州から北海道、沖縄に商品を送る際は、配送に5日以上かかる場合もあります。

商品が相手に届いているかどうかは、らくらくメルカリ便やクリックポストなど、追跡サービス付きの方法で送っていれば確認できますが、普通郵便などでは確認できませんので、配送方法の選択も重要になってきます。

商品が届かない(らくらくメルカリ便とそれ以外の発送方補)

商品を発送したのに評価がされない場合、商品が相手に届いていないこともあります。らくらくメルカリ便であれば、アプリの取引画面から、商品の配達状況が確認できますので、相手が受け取ったのであればそこで確認できます。

しかし、配送トラブルというのは思ったよりも頻繁に発生します。

らくらくメルカリ便であれば、いつまでたってもステータスが配達済みにならない場合がそれです。この場合、商品が配送途中で行方不明になっている可能性があります。

らくらくメルカリ便で一週間以上たっても商品が配達済みにならない場合は、メルカリの事務局にその旨を報告します。

問い合わせはメルカリアプリの画面左メニューを開き「お問い合わせ」→「お問い合わせ項目を選ぶ」→「発送・受取・評価について」→「お問い合わせする」から送信できます。

らくらくメルカリ便以外の発送方法を使った場合は、それぞのれ配送会社に直接問い合わせて対応します。定形外郵便の場合も、郵便局で調査依頼が可能です。

https://yubin-chousa.jpi.post.japanpost.jp/omoushide/top.do

購入時のトラブル

返品したい場合に注意する点とは(返品時のトラブル)

トラブルの際にはアプリのメニューから「ガイド」を開き「よくある質問と答え」をチェックすると良い

メルカリではヤフオクのように出品時に「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」という表記ができません。つまり、原則的に返品を受け付けなければならないと言うことができます。

これは、購入時だけでなく、出品時にも注意しなければならないでしょう。

万一購入した商品を返品したい場合、まずは相手が返品に応じてくれないと話が面倒になりますが、その前に絶対気をつけなければならないポイントがあります。

「それは商品が届いたら必ずその商品をきちんと全て確認してから相手を評価する」

ということです。

メルカリでは評価できるのは一度だけで、評価をしてしまうとその後に出品者があなたを評価し、たとえ満足できない商品だったとしても、それで取引終了となってしまいます。

もし商品に問題があったり、商品紹介と異なる状態のものが届いたとしたら、評価をせずに取引画面から出品者に取引メッセージでその内容を伝えましょう。

出品者によっては返品やクレームに対応しない場合もあるかもしれません。しかし、評価を終えなければ出品者も売上金を受け取ることができないので、とにかく納得いくよう(そして冷静に)出品者と返品の対応についてメッセージでやりとりしてください。

SPONSORED LINK

返品についてメルカリの運営としては明確な方法を決めているわけではありません。ですから、仮に返品に応じてくれたとしても、その際の送料を誰が負担するかなどは出品者と購入者の双方で決めなければなりません。

話し合いがまとまらない場合にどうするかは、ケースバイケースなので、どちらかが納得出来るまで交渉するしかありません。

返品が受け入れられれば、そのやりとりを運営側が確認して、出品者が返金申請をするという流れになります。(詳細はメルカリの「ガイド」→「よくある質問と答え」の中に記載されています。

購入して支払いを済ませたのに発送通知がこない

商品を購入して支払いを済ませたのに、商品の発送通知がこないというトラブルも、比較的あるようです。

まず確認したいのが、商品の説明ページに書かれている「発送までの日数」です。この日数は出品者が設定するもので、最大7日間まで設定可能です。そのため、これを4~7日に設定されている商品の場合は、購入してから最大7日間は発送されない可能性もありますので、購入時によく確認しておいたほうが良いでしょう。

もし発送までの日数を超えても発送通知がこない場合は、二つの原因が考えられます。

一つは出品者が発送したにもかかわらず、通知することを忘れている場合。

もう一つは本当に発送されていない場合です。

いずれにしてもこの日数を超えても発送通知がない場合は、取引メッセージで出品者に発送したかを確認しましょう。

しかし、このようなトラブルになる出品者の多くは、取引メッセージを送っても返事がない場合が多いものです。

メルカリのシステムでは

  • 「発送までの日数」から3日以上経過
  • 出品者の最後のメッセージから3日以上経過

の二つの条件を満たした場合、メルカリアプリの取引画面上にキャンセル依頼のフォームが表示されますので、ここから事務局に依頼が可能となり、商品の購入代金が返金されます。

取引メッセージで返事がない場合は、それ以上待つよりも取引をキャンセルしたほうが安全でしょう。もちろん、どうしても欲しい商品の場合はもう少し待ってみるという選択肢もありますが、そのまま放置される可能性も高いことを理解しおきましょう。

Follow me!

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-メルカリ活用

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(原久鷹ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.