名古屋と周辺のグルメ 名古屋のカフェ

キングかクイーン、あなたはどちらを選ぶ?『OSLO OOFFEE』

更新日:

SPONSORED LINK

こんにちは、りぴです!

 

突然ですが会社を退職してから、

毎日お昼ご飯は何にしようかと悩む毎日です。

SPONSORED LINK

 

白いご飯に納豆、サラダ系、バナナというのが私の鉄板メニューですが、

さすがに2ヶ月も経つと飽きてしまいますよね。

 

そんな中、何気なく朝テレビを見ていたところ、

「ねとめし」というものに興味を惹かれました!

 

「ねとめし」とは、

既にある食品(パンとか即席麺など)に一手間加えると、

あっという間に簡単で激ウマ料理に変わるというもの!

 

そのレシピは、ご飯からおかず、デザートまで様々。

トーストにマシュマロを乗せて焼くだけで、

普段のトーストがオシャレでおいしい、

マシュマロトーストになる!など。

 

テレビで見た後にネットでレシピを検索してみましたが、

色々と種類があって、どれも簡単にできそう。

ご飯に困った時は、「ねとめし」を試してみるのも1つの手かなと思いました。

 

今度、何か作ったら、

こちらでレポートしてみるのも面白いかも知れませんね(^ ^)

 

それでは、

今回はカフェネタの記事を書きましたので、

よろしければ最後までお付き合い下さい♪

 

今回ご紹介するお店は『OSLO COFFEE』

セントラルパークの一角にあるこのお店は、

オシャレで落ち着いた雰囲気があるカフェです。

壁には洋風の鏡が飾られており、

ふかふかのソファは訪れた人々を優雅な世界へ連れて行ってくれるでしょう。

 

このお店の特徴は、

「焙煎度合い」「抽出方法」で2つの味のコーヒーが楽しめるというところです。

 

「キング」と呼ばれるものは、

焙煎度合いはやや深煎りで、

エアロプレス(浸漬法)で抽出します。

コーヒーのアロマオイルが同時に抽出されるので、

ほどよい苦みとコクのある味に仕上がります。

 

「クイーン」と呼ばれるものは、

やや浅煎りの豆を使用し、

ハンドドリップ(透過法)で抽出します。

ハンドドリップによって抽出したコーヒーは、

豆本来の個性が引き出されるので、

フローラルな香りと、優しい酸味が味わえます。

 

もう1つ注目をして頂きたいのが、

「ロイヤルカフェオレ」です。

「ロイヤルミルクティー」は、

色々なお店で目にすることができるメニューですが、

ロイヤルカフェオレは珍しいのではないでしょうか。

 

ロイヤルカフェオレは、

生クリーム、牛乳、コーヒー豆をふんだんに使っています。

ミルク感がたっぷりで、

とても贅沢なカフェオレとなっています。

 

ここまでの説明で、

「コーヒー」に対してのこだわりが分かって頂けたかと思います。

私もとても楽しみにしていたカフェです(^ ^)

 

今回私(と師匠)がオーダーしたものは、

・キング lced(急冷式)

・ロイヤルカフェオレ lced

・ワッフル

の3品です!

 

「キング」はこちら。

こんな透き通ったアイスコーヒーは見たことないです。

いつもはカフェオレばかり飲むので、

あまりコーヒーには慣れていない私ですが、

これはブラックでもおいしい!

 

むしろ、フレッシュもガムシロップも入れずに、

このまま飲んだ方がコーヒーの味がより楽しめると思います。

とてもコクが深いです。

 

続いて「ロイヤルカフェオレ」。

ミルクの成分がたっぷりなのが分かりますか?

色がクリーム色に近いのです。

でも、ミルク成分が多いからといって、

コーヒーの味があまりしない訳ではないのです。

ミルクのまろやかさの中に、

しっかりとコーヒーの香ばしさが残っています。

 

さすが贅沢なカフェオレとうたっているだけあって、

今まで飲んだカフェオレの中で1番クリーミーでした。

優しい味ですね。

 

最後はワッフルです。

大きさは小さめですが、

外はふわふわ、中はカリカリでこれもまた絶品。

ベリーソースとよく合いますね。

 

ちょっと甘いものが食べたいな、

という時にオススメです♪

 

お気に入りのお店なので、

是非また訪れてみたいと感じたお店です(^ ^)

SPONSORED LINK

 

コーヒーよりカフェオレ派ですが、

キングとクイーンを飲み比べてみると、

また新しい発見があるのではないかと感じました。

 

セントラルパークでお買いものをした際には、

是非1度立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

Follow me!

投稿者プロフィール

りぴ
りぴライター
■地元バルブメーカー購買部で7年間働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職。原久鷹氏のもとでライティングを勉強をしながら、実践としてライター活動をしています。
■小学生の時に先生から「あのね帳」という日記を書く課題を与えられて、それが面白く毎日一生懸命褒められるような文章を書くことが楽しくなったのが、ものを書くことに興味を持ったきっかけでした。小説だけでなく漫画やアニメも好きですので、漫画・アニメ系の執筆は得意分野です。その他、脱毛やダイエットなどの美容系、病気や女性特有の悩みなどの健康系、ちょいエロ系の女性記事も執筆致します。
◾️エンタメ系サイト「しゅみ女子」公認ライター https://shumigirl.net
 インスタビジネス活用支援サイト 「インスタアンテナ」公認ライター http://insta-antenna.com/author/34/

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-名古屋と周辺のグルメ, 名古屋のカフェ
-

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(原久鷹ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.