文章の書き方・ライターのなり方

ライターなどで書いて稼ぐ方法、現実的に何がおすすめなのか(原のライティングゼミナール資料より)

投稿日:

SPONSORED LINK

原のライティングゼミナールの準備が着々と整いつつあります。

準備完了、公開となったらまたお知らせしますね。

 

で、さらにここではそこから絞って、

SPONSORED LINK

「現実的に」
「比較的すぐ」
できる内容、そして
個人的にこれが一番稼げる!という方法までぶっちゃけてしまいます。

さて、

書いて稼ぐ方法のまず一つ目。

クラウドソーシングでライター仕事を受注する、という方法。
これが一番「すぐ」「お金になる」
方法です。

クラウドソーシングとはネット上で仕事の案件を募集する場所。
その中でもライター仕事が結構なボリュームを占めています。

クラウドソーシングの2大サービスは

  • 「ランサーズ」
  • 「クラウドワークス」
    です。
    (場所が分からなかったら検索すれば一発で出てきます)

さて、このクラウドソーシング、仕事を探すときには何に注意するか。

まず1つ目は料金です。

書いて稼ぐ、ということをメインで考えればこのポイントは非常に重要です。

よく言われているのは1文字の単価が1円以上、という数字です。

これを超える単価であれば、もちろん書く内容=書きにくさによりけりですが、まあまあ、悪くない、仕事になります。

とはいえ実際に1文字1円を超える発注というのはほとんどありません。

ですからまず「未経験者」として場数を踏むためには「1文字0.5円」程度から、案件を探していきましょう。

具体的な案件例として
「1000文字で500円」「1500文字で1000円」などといった発注依頼です。
これを切る単価の仕事は、継続してもしんどいばっかの依頼になりますし、書いても書いても稼げないという状況になってしまいます。

1度依頼を受けて継続すれば、単価が増えていくこともありますので、現実的にはほぼ存在しない1文字1円以上を探し求めるよりは、この程度の単価の案件をまず試しに受けてみることです。

例えば1000円の仕事を1日5本かければ、日給は5000円になります。

時間計算して1時間で1000円の仕事を仕上げられれば、時給は1000円となり、コンビニのバイトよりも「マシ」な仕事に(しかも在宅で!)なる計算です。

1時間に1000文字は書けない量ではありません。もちろん書くだけでなく、依頼された内容を調べたり、あるいは書き上げた後に校正する時間も含めますので、ややハードルが高いのも事実です。しかしまあ、できないわけではありません。

フルタイムで1日5時間労働、日給5000円稼げれば、20日労働で10万円、30日フルにやれば15万円の収入になります。

これをレベルアップして、単価が倍になれば(1文字2円)、収入は単純に倍になり、20万、30万稼げるようになれば、まあ、悪くありません。

原の場合は1文字五円〜で仕事を選択していますから、本気で営業をかけて1500文字の原稿を1日5本記事を書けば、日給二万五千円、20日労働で50万の収入、という計算が成り立ちます。

実際に原の周りには月収100万をライターとして稼いでいる人もいるので、頑張ってガッついて仕事して、実績をたくさん積み、それをベースにライターとしてブランディング&営業すれば、そのくらい稼げるのは確かなのです。

いわゆるライターを名乗っている方の多くが、仕事を大量に抱えててんてこまいになっているケースがほとんどです。

もちろんそれも一つのスタイルですが、個人的に僕は、ものを書くのが好きでこの仕事をしているのですから、ものを書くことで消耗したくない、ストレスにしなくない、と考えています。

もちろん短期的に、例えば書籍を書いている時なんかは、日本で今自分が一番忙しいのではないか?(2週間で1冊仕上げてください、なんて依頼もありますから。去年のLINEの本なんかもそんな感じで仕上げました)と思うほどに書いたりしますが、それを連続してやっていると、ほんとに消耗してしまい、だからその手の仕事はセーブしました。

ウェブの仕事もそうです。結構タイトなスケジュールの案件をいくつも抱え込んでしまうと、仕事自体が結構ストレスになってしまいます。

慣れないうちはある程度忙しいのは仕方ないにしても、ずっとそれが続くのもきついと思います。
ですからぜひ、初めからステップアップを目指して仕事に取り組んでほしいと思います。

では一体どうやってステップアップしていけばいいのか?

原の場合は、若い頃に広告コピーを書くことからスタートし、現在に至るわけですが、その中でもやはり物書きとして転機になったのは、本を出版したことでしょう。

紙の本の著者というのは、物書きのヒエラルキーの頂点にあることは否定できません。ものを書いている人の中に混じっている時に、紙の本を出していれば、そのほかの人に対して引け目を感じることは一切ないですし、物書き以外の業種のなかでも「で、あなた本出しているの?」と心の中で呟けば、気持ち的に優位に立てたりするメリットもあります。

さらに、本を書いた先生、という立場を使えば、会いたいと思う人には大抵会えますし、会った場所で先生扱いされるもの紙の著者のメリットです。(まあ原はあまりそのメリットを活かしきれてはいませんが)

ですから、紙の本を出すというのは、ものを書くことをなりわいとするのなら、いつかは目指すべき目標だと断言します。

少し話が逸れてしまいました。

ウェブ記事を書くライターとしてのステップアップの話です。

クラウドソーシングで仕事を受注する前に1つしておくべきことがあります。

それは、自己アピールするための記事を、事前に自分で用意しておくことです。

なぜなら完全初心者で案件に応募する際、自分がどの程度描けるのかを相手に知ってもらう必要があるからです。

ですから、応募の際に「私はこんな記事を書きました」と相手に伝えられるよう、事前に自作でサイトを作っておくのです。

アップしておく内容は、ウェブ記事っぽいコンテンツにしておきましょう。

アフィリエイトサイトを自分で作れば一石二鳥です(アフィリエイトに関してはまた次の機会に説明します)

例えば女性であれば、健康や美容に関するテーマで、20記事程度をアップしておけば、発注主に自分のレベルをアピールできます。(もちろんそれなりのクオリティーの記事をアップしましょう)
仕事として依頼された記事を例として紹介できれば良いのですが、まだ何も受注していないから初心者であるわけですし、依頼された記事をほかの人に自分の記事だといって紹介できない場合もありますし、署名記事でなければ本当に書いたのかを証明できません。クラウドソーシングでの仕事では署名記事はほとんどありませんので、なおさらです。

実はこれ、いま原の下でライター修行をしているスタッフが、現在進行形で実践しているノウハウです。彼女は事前に原の指定したテーマのアフィリエイト記事をサイトにアップして、それを自分の実績としてクラウドソーシングでアピールし、結果を残しました。

まずはぜひ、自作の記事をいくつか公開してみるのが良いでしょう。

これでうまくいけはクラウドソーシングでテストライティングの仕事は受けることができます。クラウドで仕事を受注するのは、実はそれほど難しくはありません。なぜなら、単価が非常に安いからです。

1文字0.5円の仕事をガンガンこなしていくのは、一定レベルの文章を書けるテクニックを身につければ比較的簡単と言えます。

ではこれをどうステップアップさせていくのか。

1つは、1度案件を受けると、その仕事を継続してくれという依頼があるケースが多いです。その際に単価を上げてもらうという方法があります。

1文字1円程度までなら、現実的にこの方法が通用します。

もう1つが、さらに高い単価の案件を探していくという方法。しかしクラウドソーシングで1文字1円の仕事は限られており、あっても継続しない単発の案件がほとんどです。

SPONSORED LINK

どちらが楽に仕事を増やせるかと考えると、やはり1度繋がったクライアントの仕事を継続し、徐々に単価を上げてもらうやり方が王道です。

しかし、ここまでがクラウドソーシングで仕事を受ける方法の限界と言えます。実際原も以前1文字5円程度の仕事を相当探して一件だけ見つけて受注しましたが、単発で終わってしまいました(笑)

ではその他に、ウェブ記事を仕事にするどんな方法があるのか。

について、またあらためてお話ししていこうと思います。

まとめ

●クラウドソーシングで仕事を探すのは「クラウドワークス」「ランサーズ」
●初心者が営業するなら事前に20記事ほどの自己サイトを作って実績とをして紹介できるようにする
●1文字0.5円以上(できれば限りなく1円以上)の案件を探す(コンビニバイト以上の時給を目指す)
●継続して書けるように記事の質を上げる

Follow me!

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-文章の書き方・ライターのなり方

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(原久鷹ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.