Instagram

間違いだらけのインスタグラムビジネス活用?本当に使えるマーケティング手法とは?

更新日:

今更、と思われるかもしれませんが、Instagramの概要から

InstagramがSNSトレンドのトップになってから、もうかれこれ何年か経ちます。トレンドに乗って、いろいろな活用事例が紹介されていますが、実際の所本当にInstagramを上手にビジネスとして活用している事例というのは、案外少ないのではないでしょうか。

いわゆる「Instagramマーケティングコンサル」という方の書いていらっしゃるものをお読みになった方もらいっしゃるでしょう。もし、信頼するなら、それなりのフォロワーを持っている方の実践したことを参考にしてみると良いでしょう。(大体の人がもうInstagramのビジネス化に失敗して、コンサルを飽きてやめてしまっていらっしゃるようですけど/苦笑)

筆者は現在個人のアカウントとして5000人弱(最近少し減ってしまっていますが)のフォロワーを持つアカウントを運用しています。

投稿は以前は毎日していたけれど、最近は少しサボり気味ですが、ほぼ放置のままでもそれなりの数のいいねが付いている、という現場です。

一応その程度のアカウントを運営しながら、時折お客様のアカウントのお手伝いをしているという状況から、2017年現在のInstagramのビジネス活用トレンドについて説明していきます。

Instagramの特徴箇条書き

まず、はじめに理解していただきたいのは、Instagramは既存のSNS、FacebookやTwitterとは少し毛色の違うSNSだということです。

ざっとInstagramのビジネス利用する際の特徴を箇条書きにすると、こんな感じでしょうか。

●Instagramはおしゃれな写真がメインである、でも!?
●拡散させる文化のないInstagram
●投稿の中にURLリンクが貼れない

ざっとこんな感じでしょうか。

それぞれ、順を追って解説していきます

●Instagramはおしゃれな写真がメインである、でも!?

これはもういまさら言うまでもないことでしょう。

おしゃれセンスの高い写真だけがInstagramでは評価されます。

Facebookのノリで、適当に撮った(いや、仮に多少気を使ったとしても)ラーメンや牛丼の写真では、Instagramでは評価され(=いいねをたくさんもらえ)ません。

ちなみに筆者はInstagramを真面目に始めようと思ってから、デジタル一眼レフ(ミラーレスの持ち運びやすいモデルですが)を持ち歩くようにして、Instagramに投稿する写真はほとんどそれで撮っています。

逆に言えば、大手チェーンの牛丼の写真ですら、デジイチでおしゃれにとれば良い反応が得られることも体験しています。

繰り返しますが、Instagramのコミュニケーションの基本は、写真、さらに言えば「おしゃれな」写真に依ってのみ成立すのです。

あなたの多くのフォロワーは、おしゃれじゃない写真を評価しないのが現実です。

もし今自分のInstagramの投稿の反応が悪いなと思うのであれば、まずは写真をおしゃれにとってみてください。

理想を言えば、写真の撮り方の勉強をして(ネットで調べればなんでも出てきます!)Instagram専用にデジタル一眼レフを使ってみてください。

ただしフォロワーの絶対数が少なくとも500人はいないと、まともな反応は期待できないかもしれません。フォロワーが500人いて、100いいね行かない時は、写真がよろしくないか、あるいはフォロワーと自分のアカウントがマッチしていないかもしれません。

ビジネス活用に関しても同様で、通常のフィードの中にあなたの個人アカウント、広告やビジネスアカウント(ビジネスアカウントに関しては、また改めて説明します)が混ざるわけですから、目につくレベルでの写真の個性、おしゃれさがなければフォロワーは反応してくれません。

ただし、二つ注意点があります。

Instagramに限らず、SNSでは「いいね返し」という文化がありますので、自分のフォロワーにいいねをつければ、一定数のいいねが返ってきます。自分の写真を見てもらうきっかけ作りとして、フォロワーの投稿にいいねをつけるのは、初めのうちは必須とも言えるアクションです。

なぜなら現在のInstagramはFacebookと同じように「関わりのあるフォロワーの投稿がフィードに流れる」仕様となっていますから、このような「いいねの交換」で自分の投稿を見てもらえるような努力は必要なのです。

もう一つが、写真につける自分のコメント(写真の説明)です。

案外この文言が、フォロワーの反応に大きく影響します。Instagramユーザーも写真だけでなく、文章を読んでいる、ということも意識しておきましょう。

●拡散させる文化のないInstagram

ちなみに筆者は#読書のハッシュタグ(のみ)でフォロワーを増やしたため、投稿の大半は書籍の写真です。

このことも、Instagramが他のSNSと異なる大きなポイントになります。

通常のSNSでは、自分の投稿を友人やフォロワーに拡散してもらうための「シェア」や「RT」という機能があるのですが、Instagramではそのような機能は原則的にありません。

外部サービスで「リグラム」などのアプリはありますが、これもあまり浸透していません。

このことから言えるのが、Instagramの投稿を見てもらうためには基本的にフォロワーを増やしていくことが唯一の手段であるということです。

その他に唯一使えるのがハッシュタグ。「#」を頭に付けたタグでフォロー関係にないユーザーの写真を探すことができますから、このタグを有効に使えるのであれば、活用しましょう。

ちなみにハッシュタグは投稿に入れる際にそのタグでどのくらい投稿されているかの数が出ます。この数が多ければ(1000以上、ものによっては何十万というタグもあります)人気あるタグと言えますし、数百レベルであるとあまり使われていないタグなんだなと破断できます。

ものによっては効果のあるハッシュタグですが、必要以上に期待しても思ったように見てもらえません。ですからあくまでフォロワー増やしの補助的な使い方だと考えてください。

ちなみにフォロワーの増やし方の記事は、別サイトで書いています。よろしければそちらもご覧ください>>

●投稿の中にURLリンクが貼れない

さらにInstagramでは、投稿の中にURLを貼って任意のウェブページをフォロワーに見てもらえる機能がありません。

これは、SNSをビジネス活用するにあたって致命的なデメリットとなります。

InstagramでURLを貼れる唯一の場所は、自分のプロフィール欄です。

もし外部サイトにフォロワーを誘導したいのなら、このプロフィール欄を有効活用しましょう。

通常は自サイトのホームのURLを貼っておくのですが、さらに一歩進んだ活用をしたいのであれば、その時その時で誘導したいページのURLを変えて、プロフィール欄に設定するという方法も有効です。

プロフィール画面なんてそうそう見ないから無駄じゃない?とお考えかもしれませんが、投稿の際にコメントで「プロフィールから〜についての情報を見ていただけます」と書いておけば、思ったよりもアクセスを集めることもできます。

といっても、前提条件としてそれなりの数(例えば1000人とか)の、あなたのアカウントに興味の有るユーザーがいなければ効果は期待できません。

実際の数字を出すなら、筆者はライティングの教材(15,000円)を、Instagramだけで募集して、Instagramからのアクセスが100以上、そして結果として数時間で教材を3本売ることができました。

SPONSORED LINK

ちなみに同時にFacebook、Twitterでも同じ情報を発信しましたが、そちらでは良い反応は得られませんでした。おそらくフォロワーとの関係が一番ちゃんとできていた、一番真面目に投稿をし続けていたのがInstagramだった

 

筆者のアカウントは最盛期では1000言い値を軽く超えていました。

ということで、InstagramをSNSのビジネスツールとして捉えた場合の3つのポイントを挙げてみました。

今回はどちらかというと〜できない、という切り口のお話になってしまいましたが、一番最後に書いたように、個人的にはInstagramが、FacebookやTwitterよりもよいビジネスの結果を得られています。

どうすれば結果が出るかといえば、それは

フォロワーに評価されるような投稿を1日1回し続ける(これは多すぎても少なすぎてもダメ!)

誰でもいいからフォロー関係になるのではなく、ターゲットを絞ったフォロー関係を構築する

の2点がポイントになります。

えーっと、ここからがいよいよ実践的なノウハウの話になるのですが、ここまでが長くなってしまいましたのでそのあたりの話は、この記事の反響が多ければまた改めて記していきたいと思いますので、よろしければツイッター、Facebookでシェアしてくださいませ。

よろしくお願い致します!

 

Follow me!

投稿者プロフィール

原久鷹
20冊余りの書籍著者として、また、All About LINE活用ガイドなどあらゆるメディアで主にスマホの活用法や、IT系の記事を書いています。

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-Instagram

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(harahisataka writng office H2ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.