文章の書き方・ライターのなり方

ウェブライター養成コースのお試しコースを師匠に提案してみたところ・・・

更新日:

最近Twitterやインスタで「どうしてそんなにすぐに仕事ができる(できる女、とかのできるでじはないです)ようになったのですか?」と聞かれることがたまにあります。

このサイトを見ていただければわかるように、今まだ私は駆け出しウェブライターに過ぎず、修行中の身とも言えます。

それでも、外から見れば、ある程度いっちょまえのライターに見えてしまうのも、ひとえにいま同じ事務所で師匠がライターとして育ててくれているからです。

と言っても、師匠から給料をもらってサラリーマンとして働いているわけではありません。あくまで私はフリーランスのライターです。これも、私からそう望んだわけではなくて、師匠の方針です。文章を書く能力だけ上げても仕方ない、仕事をどう取るか、どうやって稼いでいくかまで学ばなければ生き残れない、というポリシーのようです。本人は人に給料払うのが嫌だから、って言っていますけど。

さて、そんないきさつで今は師匠の「弟子」を名乗らせて(そう呼ばれているわけですが)もらっていますが、まだ、弟子は私一人です。ちなみになんで私が弟子になれたかというと、実は地元が近かったからなんです。

しかし、インターネット時代の今、どうしても距離的に近くなければ学べないかといえば、そうでもないですよね。

そんなウェブスクールを、少し前からスタートさせています。

フルサポートのコースもあるのですが、これはかなり講師にとって負担のかかるものになるので、少し受講料がお高くなっていますので、なかなか応募がありません。

フルコースの概要はこちらから

実体験として費用対効果は十分以上だと私なら分かるのですが、体験しないと分かりりにくいよな、ってのもそうでしょう。

ですから、師匠に一つ提案してみました。

「とりあえずお試しできるコースを作ってはいかがでしょうか」

ウェブライター養成スクールの話をしている時に、そんな風に提案してみたら

「りぴならお試し感覚でいくら払える?」

と、師匠からの質問。

「うーん、3万円、くらい?」

「じゃあそれで」

ということで、その金額をベースに師匠が学べるカリキュラムを考えました。

それが、こちらのコースです。

実戦・稼げるプロウェブライター養成講座<即プロコース>のご案内(限定5名)

とりあえずお試しなので、定員も限定にするらしいです。

お早めに、というほどすぐに満席にはならないかもしれませんが、まずはうちの師匠と直接のつながりを持てる機会としては、すごく良いのではないかと思います。

といっても、一般の方は師匠がすごいとか言ってもピンとこないかもしれません。でも、地元で本を何冊も書いて、有名なウェブメディアに寄稿している人と知り合えたのは、個人的に本当にラッキーだったなと、今更ながら感じている次第です。

Follow me!

投稿者プロフィール

りぴ
りぴライター
■地元バルブメーカー購買部で7年間働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職。原久鷹氏のもとでライティングを勉強をしながら、実践としてライター活動をしています。
■小学生の時に先生から「あのね帳」という日記を書く課題を与えられて、それが面白く毎日一生懸命褒められるような文章を書くことが楽しくなったのが、ものを書くことに興味を持ったきっかけでした。小説だけでなく漫画やアニメも好きですので、漫画・アニメ系の執筆は得意分野です。その他、脱毛やダイエットなどの美容系、病気や女性特有の悩みなどの健康系、ちょいエロ系の女性記事も執筆致します。
◾️エンタメ系サイト「しゅみ女子」公認ライター https://shumigirl.net
 インスタビジネス活用支援サイト 「インスタアンテナ」公認ライター http://insta-antenna.com/author/34/

SPONSORED LINK

旬なオススメ記事

-文章の書き方・ライターのなり方
-

Copyright© プロウェブライター育成サイトH2/WO(harahisataka writng office H2ライティングオフィス) , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.