夏だ!海だ!日焼け止めは「塗る」だけでなく今時は「塗る!」のが常識

夏は暑くてジトジトしてて個人的にはすごい苦手なんですが、夏になると元気になる人もたくさんいますよね。

そういう人、つまり夏になるとアクティブになるピープルにとって大切なのが「日焼け止め」です。

筆者としては、昔は夏の鈴鹿の8時間耐久(お仕事でいってました)なんかでは必須な日焼け止めでしたが、ここ最近は使わないですね。

そこまで出ずっぱりで外出しないし、でもかといって、日焼けはあまり体に良くないっていうから、気にはなるんだけど、わざわざドラッグストアに行って日焼け止めを買うまでもなく…

って感じで。

飲む日焼け止めだと!?

でも、まあ、知っている人はすでに知っているとは思うのですが、日焼け止め=肌に塗る、ってのが普通だと思うのですが、実は最近では「飲む日焼け止め」なるものが出ているようで。

「飲む?」

って思いますよね?普通。

まあ、これ、同業の人から初めて聞いたんですけれど、つまりはこういうことです。

日焼けというのは日光の紫外線が、肌に刺激や悪影響を与えるわけですが、その影響を「飲む日焼け止め=サプリ」で最低限に抑えよう、というものらしいのです。


気になりませんか?

僕は気になりました。ので⤴︎⤴︎でとりあえずお試し分を買ってみました。

さてどんな効果が、ってのは、実はこれ商品紹介ページを今作っていまして、

日焼け止め情報サイト「ひやけん(日焼け研究所)」

改めてそちらでレポートしていこうかと思っています。

関連コンテンツ・PR



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク