CRAFT WORKS CAFE by HAND BAKES(クラフトワークスバイハンドベイクス)のバナナパイがあつあつでおいしい!

こんにちは、りぴです。

当然ですが皆さん、パイはお好きでしょうか?「パイ」と言われてイメージするのは、アップルパイが多いと思いますけど、今回ご紹介するのはアップルパイではありません。「バナナパイ」です。

ブログネタや仕事スペースとして、日頃からありとあらゆるカフェへ足を運ぶ私ですが、パイが食べられるカフェって意外と少ないんですよね。パン屋さんでしたら食べられますけど、たいていが冷めてるものなんです。まあ、冷めたものでも十分おいしいんですけどね。

この前たまたま入店したカフェで食べたバナナパイが、アツアツでものすごくおいしかったので、これはご紹介しなければ!と思いまして、この記事を執筆しております。

パンケーキもそろそろ飽きてきたな、なんて人にはぜひ食べて頂きたい一品なので、よろしければ最後までチェックしてみて下さいね。

今回ご紹介するのは、『CRAFT WORKS CAFE by HAND BAKES(クラフトワークスカフェバイハンドベイクス)』というお店です。名古屋パルコの西館7Fにあります。レストラン街の一角ですね。

カントリー調の内装で、キッチンのようにお鍋や計量カップがディスプレイしてあるのでとても可愛いカフェです。

あ、派手なTシャツを着て手前に座っているのは私です。パソコンでお仕事をしております。

こちらのお店は、席に座ると初めにおすすめメニューを紹介してくれます。ランチメニューなど、フードメニューも充実しているので、迷った時はスタッフさんのおすすめメニューを注文しても良いのではないでしょうか。

今回はパソコン作業がしたかったので、フードではなくスイーツが目的だったのですね。メニューをパラパラとめくっていると、「パイ」が目についたんですよ。パンケーキやケーキ類はよく見かけますけど、パイ類はめずらしいなぁと思いまして。さっそく注文してみたわけです。

こちらが「ベイクドバナナパイ」です。(名前ちょっと違うかも)

丸いパイ生地の上に、潰したバナナと輪切りにしたバナナがたくさん乗っています。こんがりと焦げ目のついたバナナが、食欲をそそりますね。ナイフとフォークで頂きます。

パイとバナナがアツアツで、食べた途端に口の中でとろりととろけます。熱を加えることでバナナの自然な甘みが引き出されるので、甘いシュガーソースなんかは不要ですね。バナナ本来の甘みが楽しめます。

ちなみに小さめサイズなので、ご飯を食べたあとのデザートとしても食べられる量です。

パイって、面倒なので家では作りませんし、パン屋さんで買ったものを温め直しても、ここまでパリパリな状態で食べることは難しいんですよね。やっぱり、焼きたてのパリパリ感とは違いがあります。

温かいバナナとパイの組み合わせって、予想してたよりもおいしいんだなぁと実感。(バナナパイ初体験でした)パンケーキもいいですけどね、たまにはパイもいいですよ。

名古屋パルコに立ち寄った時は、ぜひ一度クラフトワークスのパイを味わってみて下さいね。

関連コンテンツ・PR



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク