カップヌードルの新CMが衝撃的!魔女の宅急便のキキが女子高生だったら?

こんにちは、りぴです。

先日から放送開始された、カップヌードルの新CMが「すごい!」と話題になっているのですが、みなさんはもうご覧になられたでしょうか?

カップヌードルのCMと言えば、今までもオリジナリティあふれるものばかりで、何かと話題になることが多いですよね。

そして、なんと今回の新しいCMは、あの有名な宮崎駿監督の映画「魔女の宅急便」パラレルワールドです。

カップヌードルの今年のテーマが「青春」。

それにともなって、主人公の魔女「キキ」が、もしも17歳の高校生だったら、という設定で、トンボ(キキの好きな人)との淡い恋物語を30秒間で再現しているのです。

まずは一度そのCMを見て下さい♪

どうですか?

まるで一つのアニメ作品のCMみたいですよね。

思わず、

「このアニメを長編で見たい!」

と感じてしまいました。

まずこのCMを見て感じたのは、映像の「爽やかさ」と、パラレルワールドでありながらも原作の雰囲気を壊していない、むしろ原作の世界観をより引き立てていることですね。

桜が舞い散る中を無邪気な笑顔で飛ぶキキ、そのキキを眩しそうに見上げるトンボ。「これぞ青春!」と叫びたくなるぐらい、青くて若々しい2人の姿が垣間見えますよね。2人が高校生だったら、きっとこんな高校生活を送っているんだろうなと、想像して楽しくなるような映像です。

そして「30秒」という短い間に、「春夏秋冬」すべての季節がちゃんと入っているところがまたすごいと感じましたね。以前春から想いを寄せ、雪の降る中、キキはやっとトンボに「想い」を届けることができたのです。

まさに「アオハル」!

ちなみに、CMのラストにも出てきますが、「アオハル」とは「青くて、熱くて、ハングリーな日々」という意味だそうです。

それでは、気になるこのCMのキャストを簡単に説明しましょう。

原作:角野栄子

キャラクターデザイン:窪之内英策

アニメーション制作:タツノコプロ

音楽:BUMP OF CHICKEN

声優:渡辺美波(キキ)

梶祐貴(トンボ)

窪之内英策さんの代表作には、「ツルモク独身寮」や「ショコラ」などがあり、窪之内英策さんのイラストは、年齢問わず多くの人々に人気があります。キキやトンボのイラストを見て、興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

タツノコプロは、「ガッチャマン」や「ヤッターマン」などの作品を手がけたアニメーション制作会社ですね。昔から馴染みのあるアニメが多いでしょう。

今回キキの声を担当した渡辺美波さんは、ドラマ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」のめんま役を演じた方です。2017年に公開予定の「君の膵臓をたべたい」にも出演するので、今注目の女優さんですね。

トンボの声を担当した梶祐貴さんは、大人気アニメ「進撃の巨人」のエレン役を演じた方で、アニメだけでなくゲームや吹き替えなど幅広く活躍している声優さんです。

そして音楽はBUMP OF CHICKEN

曲名は「記念撮影」というのですが、またこの曲がCMの良さを際立たせていると思うんですよね。何回も言いますが、本当に爽やか!笑 なんだか、学生時代の甘酸っぱい思い出が蘇ってきて、「キュン」としちゃいますね。

きっと一度見たら心に残るCMだと思います。案の定、私はカップヌードルが食べたくなっちゃいました(笑)

個人的にこの設定の魔女の宅急便はとても好きなので、カップヌードルのHP内だけでも良いので、ぜひ長編アニメ化して欲しいです。

続きがもっと見たい!

久しぶりにアニメオタク熱に火がついた瞬間でした(^_^)

CM特別ページでは、制作メモや予告編も見れますので、気になった方はぜひチェックしてみて下さいね♪

参考:日清カップヌードル公式ホームページ

http://www.cupnoodle.jp

日清カップヌードルFacebook

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1323691384411245&id=164368343676894

「魔女の宅急便」CM特別ページ

http://www.cupnoodle.jp/hungrydays/majyotaku/

関連コンテンツ・PR



スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク