著者「りぴ」でランサーズでウェブライターになる方法を電子書籍で出版しました

ランサーズの活用方法を一冊の電子書籍にまとめました

このサイトで定期的に連載しているランサーズの活用方法の記事は、りぴがほとんど書いているのですが、結構良い内容になっていて、ボリュームもそれなりにあったので、これは一つにまとめたほうがいいな、と考えていました。

このサイトでまとめ直すという方法もあったのですが、でも、せっかくなので二次的効果のある方法を試してみたいと思い決めたのが

「電子出版」

書いて稼ぐための方法のPodCastでもお話ししていましたが、電子出版はライターとしての稼ぎ方としては少し軸がずれていて…

というお話は長くなるので、もっと聞きたいというのであれば

PodCast

から聞いてみてください。

さて、ここからが本題。

ウェブライターデビューの最初の障壁をクリアするために

こんな感じで電子書籍が仕上がりました。ちなみに表紙デザインは僕です。(かっこいいでしょ!)

ちなみに原稿の電子書籍化も内部で全てやっています。久しぶりに作ったので、結構大変でした。

電子書籍の出版に興味があるのでしたら、一度お問い合わせください。

内容は、アマゾンのページでインデックスを見ることができますが、一般的な本のサイズで67ページ。文字数で言えば3万5000文字程度で、一般的な書籍が大体10万文字と言われていて、軽いビジネス書ですと7万文字程度の本も(1500円とかで!)ありますので、おおよそその半分くらいのボリュームとなっています。

と言ってもこれは、このサイトをくまなくご覧になっている方ならわかりますでしょうが、文章の書き方というよりも、ランサーズの使い方の解説が中心となっています。

ウェブライターでデビューしようと思った時に、最初の障壁が「どこで仕事を受ければいいか」「どうやって登録したらいいか」の2点です。そのためこの電子書籍ではその最初の問題を解決できるような内容にフィーチャーしました。

ですから、文章を書くためのテクニック的な話はここには書かれていません。

そのあたりは、

原久鷹WEBライティングゼミ

の方で教材を用意しています。

おっと、話が逸れました。

この電子書籍については、追ってりぴのほうがもっと詳しくレポートするはずですので、そちらをお待ちいただいてもいいですし、

待ちきれない!という方は(あまりいないでしょうけど)既にアマゾンのKindleストアに並んでいますので、

今のところ99円という格安設定になっていますので、安いうちにゲットしちゃってみてください。

紙の書籍の著者としての僕がオススメできる内容になっていますので、ウェブライターデビューを考えていらっしゃるのなら是非!

投稿者プロフィール

原久鷹
20冊余りの書籍著者として、また、All About LINE活用ガイドなどあらゆるメディアで主にスマホの活用法や、IT系の記事を書いています。
最新の投稿

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです