キャバレー初体験!「キャバレー花園」へ行ってきました♪

 

こんにちは、りぴです。

突然ですが、皆さんは「キャバレー」に行ったことがありますか?

「キャバクラ」ではなく「キャバレー」です。

私は女性なので、もちろん行ったことはなかったです。

仕事の付き合いで「クラブ」や「スナック」に行ったり、社会勉強としてキャバクラの1日体験で働いたことはありましたけど、キャバレーは未体験。

というか、キャバレーって今でもあるの??と思っていました。

 

先日、仕事の付き合いで「キャバレー初体験」をしてきたのですが、これが面白くて(笑)

夜のお店なので、女性が行っても「面白い」とは感じないのではと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

女性でも「楽しい」と感じる場所だったのです。

これには私も正直おどろいちゃいました。

それではさっそくレポートをしていきたいと思います♪

ネオン看板が目印です(^_^)

今回私が訪れたのは、「キャバレー花園」名駅店です。

私は女性なので知らなかったのですが、昔からとても有名なお店みたいですね。

昔はよくテレビでCMが流れていたみたいなので、名古屋近辺に住んでいるアラサー世代の人たちのご両親の多くが知っているのではないでしょうか?

 

お店の前に来ると、中からものすごい大きな音楽とマイクで喋る声が聞こえてきて、とりあえず驚きました(笑)

本当に女性が行っても大丈夫?と少し心配にもなりましたね。

 

そして中に入ると、ものすごい数のお客さんと女の子が、踊ったり騒いだりと、とにかく賑やかな雰囲気!

「え?ダンスタイムみたいなものがあるの?キャバレーってこんなフランクな感じなの?」

とただ驚くばかりでしたね。

 

一歩お店の中に入るだけで、そこはもう「異世界」でした。

異世界に迷い込んだ「おまんじゅう女子」みたいな感じになっていました…(笑)

でも、なんだかものすごく楽しそう!

「お祭り」感覚で楽しんでいる方がたくさんいらっしゃいました。

 

「キャバレー花園」とは、1976年にオープンし、今では名古屋唯一の「キャバレー」だそうです。

「夜の街を盛り上げる」ことと、「老若男女問わず楽しめる」をコンセプトとしたお店です。

 

料金も「夜のお店」にしては格安で、40分2,000円程度。

来店時に伝えた時間になると、一旦会計をしてくれるので、「気がついたらとんでもない料金に!」というボッタクリに合う心配もありません(笑)

ちなみに女性の方は無料です。

女性1人や団体での来店は有料ですが、男性について行った場合は完全に無料。

女性2人で行った場合は1人分の料金だそうです。

 

40分間はドリンク(アルコール・ジュースともに)とおつまみが飲み放題・食べ放題!

そこらの居酒屋へ行くよりも格段に安いですよね。

このリーズナブルさが、長年親しまれて常連のお客さんが多い理由の1つではないでしょうか。

おつまみもナッツやスナック類だけではなくて、漬物やお惣菜とかもあって面白かったですよ♪

 

席に着くと、男性に1人ずつ女の子がついてくれます。

その時の混み具合にもよりますが、基本的には1人につき女の子が1人ついてくれるようです。

 

その女の子のキャラクターがもう個性豊かで!

「キャバクラ」というと、比較的若い女の子ばかりが働いているイメージですよね。

でも、ここキャバレー花園は、20~50歳ぐらいまで、幅広い年齢層の女性が働いているんです。

とにかくテンションが高くて話も面白い♪

男性だけでなく、ちゃんと女性の私にも話しかけてくれるので、「女友達」のようなノリで楽しめます。

というか、ある意味、女性の方がモテます(笑)

同性だと「安心感」があるんでしょうね。

 

気さくなノリと親近感が、このお店で働く女の子の良いところです。

女性も楽しいと思える「夜のお店」って、なかなかないと思います。

 

キャバクラとの違いは色々とあるのですが、何と言っても「ゴーゴータイム」があることではないでしょうか。

ゴーゴータイムとは、定時間に1回、キャストと一緒にダンスができる時間のことです。

クラブ(ダンサーがよく行く)のダンスタイムのようなものですね。

キャバクラは静かに女の子と喋る雰囲気なので、もちろんダンスタイムなんてありません。

女の子とわいわい騒げるのが、キャバレーの良いところでしょう。

 

最後にお会計をすると、具の入っていないお味噌汁が出てきます。

「具がない=グッナイ=おやすみ」

という意味だそうです。最後まで面白い!(笑)

 

私にとっては未知の世界でしたが、「また行ってみたい」と思うくらい楽しい時間を過ごせました。

こういう夜の楽しみ方もまた面白くて良いのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

りぴ
りぴライター
プロフィール画像:師匠作画

愛知県小牧市出身。
中部大学経営情報学部経営情報学科卒業。

■地元バルブメーカー購買部で7年間働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職しました。
会社の退職後、書籍執筆やWebライティングの師匠原久鷹氏のもとでライティングを勉強をしながら、実践としてライター活動をしています。これまでは美容健康系のサイト記事を指導のもと執筆ししています。

■小学生の時に先生から「あのね帳」という日記を書く課題を与えられて、それが面白く毎日一生懸命褒められるような文章を書くことが楽しくなったのが、ものを書くことに興味を持ったきっかけでした。
高校時代「ものを書くこと」そして自分の書いたものを人に見てもらうことに興味を持ち始め、趣味で芸能人のファンブログを書き始めました。
本を読むことが好きで、小説だけでなく漫画やアニメも好きですので、漫画・アニメ系の執筆は得意分野です。その他、脱毛やダイエットなどの美容系、病気や女性特有の悩みなどの健康系、カフェやスイーツなどの食べ物系の分野も、日頃から興味があり、ライターデビューする前から趣味で調べたりしておりますので得意です。
師匠がIT系の記事を得意分野としていますので、今後はそのような硬い系の記事も練習していきたいと考えています。
最新の投稿

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです