案件募集の条件にある「SEOライティング」とは、一体どうやって書けばいいのか?そのテクニックを紹介します

ランサーズなどのクラウドソーシングで、ライター募集の案件を見ていると、

よく募集の条件として「SEOライティングができること」とあるのを目にします。

ある程度経験のあるライターならともかく、ライターデビューしたばかりの方にとってこの「SEOライティング」あるいは「SEOを意識したライティング」って一体なんだろう、あるいは、自分はその条件に当てはまるのか?と思ってしまうことでしょう。

正直筆者自身もそのSEOライティングってものに関しては「??」と思うこともあり、果たして自分がその資格を満たしているかどうか疑問に感じてしまうことすらあります(笑)

つまり、そこまでSEOライティングというのは、はっきりした指標や基準がない、と言い換ることができます。

そこで今回ははその「SEOライティング」について、初心者ウェブライターの方がわかるように、少し細かく説明していきましょう。

SEOってなんだろう?

ライターとしての勉強や実践を積み重ねていても、ウェブマーケティング全体にかかわる「SEO」については、全く知識がない、というライターは多いはずです。

この程度のことはご存知でしょうが、SEOとは検索エンジン対策のこと。そして、記事を書くのであれば、その記事のページをいかに検索結果の上位に表示させるかが、書き手としてのSEOと言えます。

つまりそれができるのがSEOライティング、ということです。

実際SEOは専門家や専門の業者が扱う類のものですが、その実SEOはどういう仕組みでできるのか、逆に言えば検索エンジンはどのようなページを検索結果の上位に表示させているかという「仕組み」は、ブラックボックス、つまり、Googleなどの検索エンジン業者は公開していません。

なぜかといえば、その仕組みをすべて明らかにしてしまうと、行き過ぎた検索エンジン対策をしたページが上位に表示され、内容のある、価値の高いページが埋もれてしまう可能性があるからです。

そう、Googleは一つだけ、どんなページを上位表示するのかを明確に公表しています。

それは、

「検索したユーザーにとって、価値のあるページを上位表示する」

という内容です。(もちろんその他に細かな話もしていますが)

コンテンツの価値が重要とずっと言われてきたがやっと本当にそんな時代になりつつある

このことを裏を返してみてみると、

SEOのためには価値のある記事を書ける書き手の能力が一番大切

ということもできます。

ずいぶん前からこのことは繰り返し言われてきたのですが、実際にはその他の小手先的な技術的によってある程度順位を上げられてしまっていたため、真面目に記事のクオリティを上げようとする動きが少ないのも事実でした。

しかしGoogleの意図はあくまで価値のあるページを上位表示させることにあり、そのために様々な「検索アルゴリズム」の向上を続けてきました。そしていよいよ、かなりその理想に近づいてきた、というのが現状です。

最近よく耳にする「価値のあるコンテンツ作り」とは、そのためです。

そしてこれもトレンドと言える「コンテンツマーケティング」というのも、半分くらい(あるいはそれ以上)検索エンジンにそのコンテンツを上位表示させることが目的です。

ですから、SEOライティング、というのを簡単にまとめてしまえば、それは価値のある記事を書く、ということになります。

だからと言って「価値」だけに注目すればいいかというと、それだけでは片手落ちです。

なぜなら検索エンジンに上位表示させるためには、検索するユーザーが入力する「検索語」が大切になるからです。

検索語をどこにどのくらい入れるかがSEOライティング

例えば、ウェブライターになりたいけど方法がわからない

という方は、検索エンジンで「ライターのなり方」などの単語で検索します。

もしどれだけ詳しく良い記事が書かれていても、その記事の中に「ライター」「なり方」という単語が全く含まれていなければ、検索エンジンはその記事が「ライターのなり方」について書かれているとは認識できません。

そう、検索エンジンは自動処理によって世界中のウェブページの内容を「言葉(単語)として」チェックし、順位付けをしているからです。

この順位付けの方法は、先程お話しした通りブラックボックスになっていて、単純に記事を書くだけであれば、そのブラックボックスの中身について、それほど知る必要もありません。記事を書く以外のSEOの施策は、クライアントなり発注者の人がしているはずですから。

SEOライティングの依頼のほとんどは、どんな単語を使うのかが指定されているはずです。

ですから書き手が意識しなければならないことは、その指定された単語をどう書けばいいか、というだけです。

さて、前置きが長くなりましたがここからが本題です。

SEOライティングとは、記事の中にどれだけ指定された単語を「上手に入れ込むか」というテクニックです。

この「上手に」というのがポイントですね。

その記事にとって、指定された単語についてしっかり書いているのだよ、というアピールを、検索エンジンに対してアピールするのがSEOライティングというわけです。

SEOライティングのテクニック

SEOライティングというのは実はざっくりした単語で、はじめにお話しした通りその資格などがあるわけでもなく、はっきりと定義できるようなものでもありません。だからこそわかりにくく、悩んでしまうののでしょう。

ですからここで、SEOライティングの奥義的テクニックを順に紹介していきます。

記事タイトル、各見出しに一つずつ指定された単語を入れる

SEOにおいて一番重要なのが「記事のタイトル」です。

これこそが検索エンジンにこのページが何について書かれているのかをアピールする、最大の場所です。

そしてそれに次ぐのが「見出し」になります。

ですから、指定された単語は「必ず」記事のタイトルに入れ、流れや段落に違和感がない程度に本文中の「見出し」にも単語を入れておきましょう。

これができればSEOライティングの基本は出来上がりですし、逆にこれができないと二度とSEOライティングの発注はこないでしょう。

もし指定された単語が「ライター なり方 講座」のように二つ以上あるときは、記事タイトルにはこの3つの単語を全て入れ。見出しにそれぞれできるだけ、しかし必ず一回はこの単語を入れるのです。

本文中にも検索語を散りばめる

検索語は記事タイトルと見出しの中に入れるだけではまだ足りません。

その内容に関して書いていれば、当然ながら自然にその単語が「本文中」に書くことになると思います。しかし場合によっては、記事の内容と指定された単語が若干ずれている場合もあるので、そのようなときにでもなんとか文脈を工夫しながら指定された単語をほ文中に入れてみましょう。なによりタイトルや見出しにある単語が本文中にないというのは、あまりに不自然です。

しかし気になるのは、その単語をどのくらい入れればいいか、ということのはずです。

これについてGoogleは「自然な感じ」というふわっとした表現をしています。噛み砕いて言えばそれは「多すぎず、少なすぎず」という意味になるでしょう。

検索語を本文中にあまりにたくさん入れすぎてしまうと、それは内容のない検索エンジン対策のためだけの「スパム」記事、と判定されてしまう可能性があります。

少なすぎると、その記事が本当にその単語について価値のある内容で書かれているかに疑問が持たれてしまいます。(Googleは単語をチェックしているだけで、その意味まではまだ理解していませんので)

ですからSEOライティングのスキルで重要になるのが、この「単語の出現頻度」と言えるかもしれません。これも、「これが正解!」というものがありませんが、感覚的には

1500文字程度の記事に10回

くらいを目安にしているクライアントが多いようです。ただし無理に突っ込む必要はありません。Googleは「自然に」といっているわけですから。個人的には、自然に書いた内容がちゃんとした記事であれば、もっと少なくても良いのでは?と思います。

ふわっとした言い方をすれば、1500文字の記事に3〜7回程度で良いのではないでしょうか。

文章のはじめの方にある単語を重視する

もう一つ注意しておきたのは、この指定された単語は「記事タイトル」「見出し」「本文」のいずれも、できるだけその文章のはじめの方で使っておく、ということです。

とは言っても、記事タイトルや見出しはそれほど長いものではないので、そこまで冒頭で使う、ということを意識しなくても良いでしょう。本文に関しては、一文目くらいで検索語を使ったほうが良いでしょうし、それが記事全体の流れとしても自然なはずです。

さらに一歩進んだSEOライティングを意識するなら

ここまでが書ければ、SEOライティングスキルに関しては大丈夫といえるでしょう。

しかしそれだけでは少し自信がないというのであれば、もう少し高度なテクニックもあります。

共起語をチェックする

一つは、指定された単語に関連する単語を織り交ぜてみるということです。これは、共起語と呼ばれるもので、ウェブサービスを使ってチェック可能です。

https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

上記サイトで指定された単語を入力してみてください。

共起語が表示されますから、そこから指定された検索語に近い単語を見つけて、その単語を文中に何度か入れておくとよりレベルの高いSEOライティングとなります。

指定された単語に他の書き方はないかを考える

これはどういうことかというと、実例を挙げるなら筆者は「ワードプレス」というコンテンツマネジメントシステム(ホームページ作成)の書籍も執筆していて、ワードプレスのスクールも開催しています。そこでこの募集ページを作る際に記事タイトルをどうするかと考えた場合、当然ですがそこに「ワードプレス」という単語を入れるわけです。

しかし実はワードプレスはローマ字で書くと「WordPress」となり、ではどちらを使おうかと悩むケースも出てきます。

理想を言えば、このどちらも記事タイトル、見出しに入れるほうが良いのでしょう。しかし物書きのルールとしてはこの両方を同じ記事に入れてしまうことは「表記ゆれ」という意味ではあまり歓迎できません。しかし、単純にSEOライティングとして割り切ると、両方入れてしまったほうがいいと考えることもできます。SEOを重視するなら、このように同じ意味で異なる表記の単語は、両方とも入れてしまったほうがベターです。

実際には検索エンジンは「ワードプレス=WordPress」と認識してくれる場合も多いのですが、必ずしもそうとも限らなかったりします。

ですから、SEOライティングを意識するのであれば、この両方を記事に中に散りばめたほうが得策と言えます。

 

以上、SEOライティングについて、そのテクニックをまとめてみました。

しかし、単語を織り交ぜる以上に重要なのがその記事のクオリティーです。いくら検索語を上手に織り交ぜたところで、読者が価値を見出せないような記事では、結果として記事の目的を果たすことはできない、ということを常に意識しておきましょう。

 

蛇足ですが、記事の書き方のプロコースを用意しています。興味があればぜひご覧ください。

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです