母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?その秘密を大公開

こんにちは、りぴです。

 

今年に入ってあっという間に日が過ぎていき、気がつけばもう5月ですね。

2017年も半分過ぎたようなものです。

 

私はあと2ヶ月ほどで誕生日を迎えると、○○代へ突入してしまうので、色々と焦る日々です(笑)

 

そして今はGW真っ只中ですが、GWが終わるとあるイベントがやってきますよね。

そう、「母の日」です!

日頃お世話になっているお母さんへ感謝の気持ちを贈る日ですね。

毎年何をあげたら喜ぶのか、色々と迷っている方も多いことでしょう。

 

ところで、母の日に贈る花といえば、「カーネーション」ですよね。

真っ赤な色が華やかで、とても素敵なお花です。

最近は赤以外の色もあるので面白いですよね。

 

でも、なぜ「母の日」に贈る花は「カーネーション」なのでしょうか?

実は私も、カーネーションを贈る意味は知りませんでした。

 

今回は、「母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?」ということについて調べてみました!

カーネーションを贈る予定をしている方は、知っておいた方が気持ちが良いのではないでしょうか?

まだ何を贈るかを決めていない方も、ぜひ参考にしてみて下さい♪

 

母の日にカーネーションを贈る理由とは

母の日にカーネーションを贈るきっかけとなったのは、アメリカのある少女がきっかけとなっています。

 

アメリカに住んでいた「アンナ」という女の子は、母が亡くなった時に、ある花を祭壇に飾り、出席者の人にもその花を配りました。

 

「ある花」というのは、亡くなった祖母が大好きな花だったのですが、それが「白いカーネーション」でした。

 

それから、亡くなった母へは「白いカーネション」を、生きている母には「赤いカーネション」を贈るという風習が広まり、現在まで続いているのです。

 

今は赤いカーネションだけでなく、カラフルなものも増えているようなので、贈る花の色は赤だけではなくなってきているそうです。

カーネーションの花言葉

それでは、カーネションの花言葉を色別にいくつかご紹介しますね。

参考にしてみて下さいね(^_^)

 

カーネーションの花言葉

・全般

「無垢で深い愛」

・赤

「母への愛」

・ピンク

「女性の愛」「熱愛」「美しいしぐさ」

・白

「純粋な愛」

・紫

「誇り」「気品」

 

花言葉を考えますと、やっぱり「赤」が1番無難かも知れませんね!

 

「まだ準備できていない!」という方も、インターネットでまだ購入が間に合うところがいくつかあるみたいです。

よろしければ参考にしてみて下さいね♫

 

投稿者プロフィール

りぴ
りぴライター
プロフィール画像:師匠作画

愛知県小牧市出身。
中部大学経営情報学部経営情報学科卒業。

■地元バルブメーカー購買部で7年間働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職しました。
会社の退職後、書籍執筆やWebライティングの師匠原久鷹氏のもとでライティングを勉強をしながら、実践としてライター活動をしています。これまでは美容健康系のサイト記事を指導のもと執筆ししています。

■小学生の時に先生から「あのね帳」という日記を書く課題を与えられて、それが面白く毎日一生懸命褒められるような文章を書くことが楽しくなったのが、ものを書くことに興味を持ったきっかけでした。
高校時代「ものを書くこと」そして自分の書いたものを人に見てもらうことに興味を持ち始め、趣味で芸能人のファンブログを書き始めました。
本を読むことが好きで、小説だけでなく漫画やアニメも好きですので、漫画・アニメ系の執筆は得意分野です。その他、脱毛やダイエットなどの美容系、病気や女性特有の悩みなどの健康系、カフェやスイーツなどの食べ物系の分野も、日頃から興味があり、ライターデビューする前から趣味で調べたりしておりますので得意です。
師匠がIT系の記事を得意分野としていますので、今後はそのような硬い系の記事も練習していきたいと考えています。

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです