ファッションSNS「WEAR」の写真の撮り方や投稿のコツ

Facebookの本を執筆するなど、これまでいろいろなソーシャルメディアを攻略してきた僕ですが、最近ハマっているのが、ファッションSNSとも言える「WEAR」。

アラフォーのおっさんが「なに調子こいてるんだ」という声も聞こえてきそうですが、Instagramでフォロワー5000人突破して少し落ち着いちゃってから、新たな挑戦の場を探していて、たどり着いたのがWEARだったわけですね。

WEAR自体については、ここの詳しい説明は省略します。

まあ、ファッション関係のメディアサービス、SNSと分類できるかどうかは微妙かもしれませんが、僕はこれも1つのSNSと思って、そうなると、じゃあどうやってここで「反応」してもらえるのかな、ということについ興味を持ってしまって、あれやこれやチャレンジしてしまうわけです。

で、現状の僕のWEARアカウントの状況ですが、フォロワーが350人(これはフォロー数とほぼ同数)、最近はいいねが100強、といった感じです。

この程度ですと1時間ごとに更新されるランキングに、3~4時間程度顔を出すことができ、その際には50~100位が定位置となっています。WEARの男性の顔でもある「げんじ」くんや、書籍まで出してしまった女性の「プチブラのあや」さんたちの足元にも及びませんが、そういう意味では、これからWEARにチャレンジしたい、あるいはすでに始めているけどイマイチ反応がなくてつまらない、という方たちの参考にはなるかと思います。

まあそんな感じで自分のアカウントを運営しているわけですが、ちょっとそれだけではつまらないので、このサイトでもおなじみの子分の「りぴ」を「プロデュース」(というほどたいしたことはしていませんが)しながらの、これまでの経験から「いかにWEARで反応のある(=ランキングにコンスタントに顔を出せる)投稿をアップするか」というコツについて、お話をしていこうと思います。

(以前にもWEARについてはりぴが簡単にコツを紹介していますので、まずはそちらを先に読まれての良いかと思います)

全体のイメージはコーデではなく写真の雰囲気が見られる

雰囲気のある空気感が伝わるような写真の反応が良いのは間違いのない事実

WEARで色々試してみてつくづく思ったのは、写真の撮り方の大切さです。

僕は最近ではミラーレスのデジタル一眼で写真を撮っています。(子分の写真も)

もともと広告業界でカメラの使い方はそれなりに学んできたのですが、食べ物や、人物の上半身だけを取るのと比べて、WEARのように全身を撮るのは本当に難しいです。

可能であれば、良いカメラに明るいレンズで上手に撮るのがベストです。その最もわかりやすい例が「プチブラのあや」さんの写真ですね。ひょっとしたら後加工しているかもしれませんが、このすさまじい「背景ボケ」が、写真の空気感を表現しているのです。

実際のところ、あなたの写真を見る人たちは、まず初めに一覧画面から小さな「サムネル」を見るわけです。サムネルではコーデの詳細までは見ることができませんから、その状態で「見たい」と思わせることが必要になります。

まずはこのことを意識しないと、なかなかいいねやSAVEを増やすことができません。

これが写真のクオリティが求められる理由です。逆に言えば、コーデだけで勝負できない僕のようなおっさんは、ここで勝負したほうが楽に反応を得られるようになるわけです。

しかし実際のところ、WEARのためにデジイチを購入したりするのはハードルが高いでしょうし、さらに言えば、デジイチの自撮りは結構難しい。

ですからまずは、スマホで自撮りする方法を、よりこだわってみてはどうでしょう。

これはもう慣れしかないですし、写真の撮り方はまた改めて紹介しようと思います。

1つ言えるのは、撮影する場所を「ここ」と決められるように、ロケーションを決め打ちできるのがベストではないでしょうか。(僕は逆にいろいろなシチュエーションを、あえて変化させていますが)

WEARはSNSであることを意識する

先にも述べましたが、WEARを「SNS」とカテゴライズするのには、反対意見の方もいらっしゃるかもしれません。たぶんそういう方は、ファッション、コーディネートの質だけがWEARで評価される基準であるべき、とお考えの方でしょう。もちろんその意見を否定する気はありませんが、現実的にはWEARの仕組みとして、フォロー&フォロワーの関係があるわけです。

そうなるとお互いの「関係性」が評価や反応の基準の一つになるわけで、お互いにいいねしたりコメントしたりするのが、結果的に反応として返ってくるわけです。

そんな馴れ合いの関係でなく、純粋に自分のコーデのカッコよさで勝負したい、というのもありでしょうが、個人的には「反応のないSNSは楽しめない=長続きしない」と思いますので、WEARをSNSと割り切れば、コミュニケーションも楽しみのうち、と考えられるようになるのではないでしょうか。

フォローしてからすぐアンフォローするアカウントには注意

これはWEARに限らずインスタなどでもよくあるアカウントなのですが、「フォロー数>フォロワー数」がかっこいい、という人、いますよね。特にWEARではWEARISTAという制度があって、その方々はほとんどフォロー数百人以下、フォロワー数十万人となっていますので、それを真似したい、という方も多いのでしょう。

「フォロー数>フォロワー数」というアカウントがフォローしてきたときは要注意です(笑)みんながみんなそうではないですが、8割の確率でこういう人たちは1週間以内にこちらへのフォローを外してきます。

僕のアカウントもよくそれに憧れる人がフォローしてきて、こちらがフォローを返すと、しばらくして知らないうちにフォローを外されていことがあります。とてもよくあります。

このようなセコイ技をフォロワー数百人のうちから実行している人が、とてもWEARISTAになれるとは思えませんが。(といても、ある程度有名になった方でもこういうことやる方もいらっしゃるようなので、なれないとは断言できませんけどね)

ちなみに相手がフォローしているかどうかは、パソコンからWEARを見ると一覧でチェックできますので、僕はよくパソコンでチェックして、知らないうちに外された方はまたフォローしてこられると困るので、即座にブロックしています。(大人気ないですけどね)

パソコンからWEARにログインして、フォロー中の一覧から相手がフォローしていないかはすぐにチェックしてフォロー解除(ブロック)できる。気になる方は定期的にパソコンでチェックするのがオススメ。

WEARと親和性の高いブランドをチェックする

あらゆるブランドでのコーディネートを投稿するのがWEARの醍醐味ですが、やはりその中でもWEAR受けの良いブランドとそうでないブランドがあるのも事実です。

WEARではどちらかというと国内ブランドがウケがよく、ハイソなインポートブランドはあまり目にしません。(もちろん、ないわけではありませんが)

国内ブランドでも、よく目にするのが「ZOZO TOWN」で知名度のあるブランドです。

ですから、WEAR受けしたいのであればZOZOで人気のアイテムをゲットしておくのが無難です。

あと、ユニクロ、GUも鉄板ですよね。

コーディネートが良いかどうか、よりも、どんなブランドを着ている人なのか、が見られている、それが反応につながっている、ということも意識しておきましょう。

インポートの高価な服をアップすれば、(それがどれだけ良いコーデであったとしても)それに見合う反応があるとは限りません。(個人的にむしろ反応は低くなる気がします)

ランキングを意識するなら投稿する時間帯を考える

コーデを投稿する時間帯というのも重要です。平日であれば、晩御飯を食べてから深夜までの時間帯が、ユーザーの投稿のラッシュ時間となります。ですからこの時間帯に投稿すると、多くのライバルに埋もれてしまう可能性があります。

僕は最近では午後1時~4時頃にアップしています。この時間は比較的他の人がいないため、ランキングに入りやすくなります。

写真だけを用意して、投稿するだけであれば、仕事中でもできますよね?(←お勧めしているわけではありません)

ライバルが少ない時間帯と、あとはみんなが見ていそうな時間(これはフォローしてくれている人たちによって変わるでしょう)の兼ね合いを考えて、ベストな時間に投稿するのが、ランクインの秘訣です。

さて、長くなりましたが、WEARでランクインするコツ、秘訣を書いてみました。

とは言っても、ランクインにこだわるよりも、自分がWEARをどう楽しむか、そしてアップされている他人のコーデをどう活かしていくか、など、必ずしもランクインが全てではないと思います。

ということで、みなさまの何か参考に、少しでもなっていれば幸いです。

WEARのアイフォンアプリはこちらから

ファッション コーディネート WEAR – START TODAY CO.,LTD.

参考:筆者のアカウント http://wear.jp/hyssa/

子分のアカウント http://wear.jp/rieringo0707/

 

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです