『著名記事』って何?どんなメリットがあるの?

こんにちは。

りぴです(^_^)

 

先日、私が執筆した記事がWeb上にアップされました。

https://toretame.jp/distorted-love.html

 

こちらはランサーズにて受注したお仕事で、

『クズの本懐』という漫画の記事でした。

 

この漫画は原作のファンでしたので、

これは絶対書きたい!と思ったのが、提案(執筆したいですとクライアント様に立候補するニュアンス)をするきっかけです。

 

ありがたいことに執筆者として選んで下さり、執筆することになったのですね。

ランサーズの手順や流れについては、

また後々詳しく説明をしたいと考えてます。

 

今回お話させて頂きたい内容は、

「著名記事のメリット」

についてです。

 

著名記事とは、「書いた文章が自分の名前で載る」ということです。

(上記の記事の最後に『著者 りぴ』と表記されています)

 

著名記事でない場合は、

作成した文章の著作権は全てクライアントの手に渡ります。

 

両者の違いは、

著名記事ですと「これは私が書いた記事です」と実績としてあげられるけれど、

そうでない場合は自分の記事とは言えないので、

実績としてあげることはできません

 

こういう記事を書いたことがありますよ~と説明するぐらいはいいですが、

著名記事ではない場合は他人のものなので、

自分の記事と言うことができません。

 

仕事を受注していく中で、

自分をアピールする必要がありますね。

就職活動を思い出してみるとよいでしょう。

 

その時に、どんなものを書いているとか、

どれくらい書けるのかということをクライアントは知りたいので、

それを知ってもらうために、

『実績』

が必要になります。

 

就職活動でいうと、

「○○の資格を持ってます」

「○○で△△賞をとりました」

みたいな感じですね。

 

クライアント側も信頼と実績があるライターさんを求めていますので、

そのような時に実績がたくさんあるライターさんは強いです。

 

何も実績がない人よりは1つでもある人の方が、

仕事を頼まれやすいです。

 

もう1つのメリットは、

ライターとしての自分の名前を売るチャンスになります。

 

自分の記事を読んだ人が、

「この人に仕事を頼みたいな」

と思ってくれることもあるでしょう。

 

そこに執筆者の名前が明記されていれば、

仕事を受けるキッカケになります。

 

「この人はこういう記事を書くんだ」

と人の目に触れることも多くなります。

 

現在、ランサーズの仕事で15本ほど記事を執筆しましたが、

その中で私の名前で記事を書いたものは、まだ1つしかありません。

残りの14本は、どこかで使われているんだろうな、と思っています(笑)

 

もちろん書くことの勉強にはなっていますが、

アピールの材料にはなっていません。

 

クラウドワークスで斡旋している仕事は、

著名記事の方が少ないです。

 

ですが、全くない訳ではないので、

見つけたら積極的に提案するのが良いですね。

 

簡単にまとめますと、

 

著名記事のメリット

・自分の実績になる

・自分の名前を売るチャンスになる

と言うことです。

 

自分の実績をたくさん作り、

自分の名前と記事をたくさん世に送り出す、

これは仕事の幅を広げるためには必要なことです。

 

まだまだ私も始めたばかりなので、

もし、

これを読んで下さっている初心者ライターさんがいたら、

一緒に頑張っていきましょう!

投稿者プロフィール

りぴ
りぴライター
プロフィール画像:師匠作画

愛知県小牧市出身。
中部大学経営情報学部経営情報学科卒業。

■地元バルブメーカー購買部で7年間働いたのち、ライター業に専念したいと思い会社を退職しました。
会社の退職後、書籍執筆やWebライティングの師匠原久鷹氏のもとでライティングを勉強をしながら、実践としてライター活動をしています。これまでは美容健康系のサイト記事を指導のもと執筆ししています。

■小学生の時に先生から「あのね帳」という日記を書く課題を与えられて、それが面白く毎日一生懸命褒められるような文章を書くことが楽しくなったのが、ものを書くことに興味を持ったきっかけでした。
高校時代「ものを書くこと」そして自分の書いたものを人に見てもらうことに興味を持ち始め、趣味で芸能人のファンブログを書き始めました。
本を読むことが好きで、小説だけでなく漫画やアニメも好きですので、漫画・アニメ系の執筆は得意分野です。その他、脱毛やダイエットなどの美容系、病気や女性特有の悩みなどの健康系、カフェやスイーツなどの食べ物系の分野も、日頃から興味があり、ライターデビューする前から趣味で調べたりしておりますので得意です。
師匠がIT系の記事を得意分野としていますので、今後はそのような硬い系の記事も練習していきたいと考えています。

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです