ライター養成ゼミナールを間も無く開講。その序文(女性も歓迎)

「これからのネット社会では、書くことが重要となる」

おそらくこのページにたどり着いたあなたは、そんな言葉を耳にしたことがあるはずです。あるからこそ、ここにたどり着いたはずです。

しかし、この書き出しから始まる多くの「ライティング講座」や「文章術ノウハウページ」は、いったいどんな内容を教えているのでしょうか?(もちろん否定しているわけではありません。知らないだけです)

奇しくも2016年の末に、WELQ問題が発生しました。

WELQというサイトは医療系の情報サイトで、不確かな、あるいは他のサイトの引用ばかりの記事を「量産」して、Google(あるいはYahoo!)の検索順位を上げることで、たくさんのアクセスを得て、それに伴う収益を上げていた。

そのあまりの情報の酷さにユーザーや専門家が疑問の声をあげ、結果的にWELQはもとより、関連するDeNA(そう、プロ野球球団のオーナーでもある大手企業です)が運営していた同種のサイトが全て閉鎖された、というのが事件の概要です。

そのどこが問題かといえば、まだまだ正確さに欠けるGoogleを欺くために、価値がないどころか「パクリ」「ガセ」の記事を量産していたという事実にあります。現在の検索エンジン対策では、文字数の多いページを大量に用意しているサイトが上位表示されやすい、というある意味「穴」をついた、スパム的な手法でアクセスを集めていた。Googleの検索順位が上がれば、ページへのアクセスが増えるわけですから、記事の内容の価値よりもアクセスを増やす方法を優先したわけです。

では、その結果何が起こったでしょうか?

一時的にWELQは検索上位に表示され、おそらく多くのアクセスを集め、その結果ページに表示される広告によって運営者は利益を得ることができたでしょう。

しかしその次に待ち構えていたのは、サイトの閉鎖、そして運営者の信頼喪失という最悪の結果です。

余談になりますが、WELQは一時的に閉鎖ということになっていますが、ここまで失った信頼を回復するのはたやすいことではないはずです。サイトばかりか、それを運営していた母体もです。

機械的に検索結果を順位付けるGoogleは欺けても、それを見ている人間(この場合は医療関係の専門家など)の声は騙せません。

私たち文章を書くものは、この出来事をどのように受け取ればいいのでしょうか?

一つは「信頼性のない、価値のない記事を書くことは、最終的に信頼を失う」というシンプルな事実です。

これをさらに大きな話にしていけば、「インターネット上に信頼できない価値のない情報(記事)をばら撒くことは、インターネット自体の価値を落とし、社会全体の不利益となる」ということすらできます。

文章を書き、それを人に読んでもらう、ひいては書くことで収入を得ることをなりわいとするのであれば、社会を不安にするような仕事をしていては結果として自分の首を絞めるという結果になることに気づかなければなりません。

ではいったいどうしてそのようなことになってしまうのでしょうか?

一言で言えば「商業主義に走り過ぎ」ということになるかもしれません。目の前の利益だけを追求するのなら、アクセスさえ集めればよい、という考え方です。言い換えれば、あとは野となれ山となれ、という発想です。稼げる時に稼ぐだけ稼いで、都合が悪くなったらドロン、というのも、まあ、ビジネスの手法の一つとしてありかもしれません。

しかしもし、ロングスパンで書くこと、情報発信することをビジネスとしたいのであれば、そんなチープな発想は持たないほうが良いことは子供でもわかるはずです。

今回の件で、他サイトからよく言えば引用、悪く言えばパクリの記事や、「肩こりの原因は悪霊だ!」というとんでもない記事も、それを書いた「ライター」がいます。

どのようにしてそれらの記事が書かれたかの事実関係はおそらく今後も明らかになることはないでしょうが、例えば運営スタッフから、外部サイトからの「パクリ方」の指示が出ていたり、悪霊のせいで肩こりになるという情報を、医療系サイトに掲載することを許可した人が存在します。

ライターに罪がない、とは言いませんが、少なくともそういった記事を書いたライターたちは、

「正しいライティングの指導を受けた経験がない」

ということは断言できるはずです。

アルバイト感覚で、今だけライターしている、という人ならばそれでも問題ないでしょう。

しかしこれから長期的に、あるいは一生涯、文章を書くことを仕事にしていきたい、と考えるのであれば、パクリ方のノウハウと、思いつきで書いたいい加減な文章だけでは、やっていけません。

学校教育では、ものを書く方法を教えていません。

以前はものを書くこと自体が特殊な仕事でしたから、仕事にしたい人は実績のある物書きに師事して学ぶのが当然でした。しかしいまや誰でも、ものを書いてインターネットで公開できる時代です。教える人の絶対数もたりませんし、教わるまでもなくイージーに情報が発信できてしまいます。

書き方を学ばないライターが作りあげるインターネットの未来は、混沌としたものになってしまうのです。

少なくとも、個人の日記やSNSのつぶやきでなく、誰かに対して何かを届けることを目的としているのであれば、そしてそれによってお金を稼ごうというのであれば、専門的に文章の書き方を学ぶのは、当然の結論のはずなのです。しかしそんな考え方は、面倒ですし、他人のふんどしでお金を稼ぎたいという安易な思考に打ち負かされてしまっているのが現実です。近い将来それがどんな結果をもたらすかなんてことは、想像すらしないで。

しかし、それは真面目に文章を書きたい、価値のある情報を誰かに届けたいと望んでいる人にとっては、大きなチャンスなのです。

学ばず、情報を探すスキルだけに長け、勝手に他人の情報を我が物顔で発信するライターは、必然的に淘汰されますから。

それはWELQからもわかるように、専門家の目であったり、あるいは一般の読者の目であったり、さらに今回の事件を発端に、Googleなどの検索エンジンも将来的にはゴミのような記事を今まで以上に検索結果から排除するような仕組みを強化していくはずです。

そうなれば、ウェブにある記事のクオリティは必ず上がり、それを書くライターのスキルも今まで以上に高いレベルを求められるようになるわけです。

もちろん独学でものを書くスキルを向上することは、不可能ではありません。

しかし、スポーツでも、外国語でも、能力を上げるためにはコーチが必要です。それに関するプロフェッショナル、専門家から学ぶことが、確かで、さらに、近道であることは説明するまでもないでしょう。

しかしなぜか文章を書くことは「誰にでもできる」「簡単にできる」などと表現されることがほとんどで、きちんと学びましょう、という声を聞くことが少ないのも事実です。

ほとんどの人は毎日スマホで何らかの文章を書いています。だから「誰にでもできる」というロジックは、間違っています。

「ものを書くこと」と「ものを伝えること」は、言葉を使うという意味では共通していますが、似て非なるものなのです。

そこをすっ飛ばして「誰にもできる」と言うのは、なんてナンセンスなことでしょう。

文章を書くことは、誰にでもできます。

ただし、きちんと学びさえすれば。

初心者&見習いウェブライターがプロフェッショナルに一歩近づくためのメルマガを用意しました

初心者&見習いウェブライターのためのメルマガです